Aug 16, 2016

東京散策、新川

歌川広重の名所江戸百景にも
描かれている鐵砲洲稲荷神社。

2016081601

その神社の近くの南高橋を渡る。

この一帯は新川と呼ばれ、
隅田川、日本橋川、亀島川に囲まれた地域です。

2016081602

隅田川沿いから対岸の月島を見る。
右端には、中央大橋が。

2016081603

川沿いをぐるりを歩くことに。
隅田川に架かる永代橋。

2016081604

日本橋川の入り口に架かる豊海橋。

2016081605

湊橋。

2016081606

亀島川に架かる霊岸橋。

2016081607

亀島橋から新亀島橋を見る。

2016081608

最後に、南高橋に戻って高橋を見る。

2016081609

今夜は台風が来るらしい。

|

Aug 15, 2016

東京散歩、お台場

ゆりかもめの駅、青海からスタート。

2016081501

パレットタウンの観覧車を見ながら、
センタープロムナードをぐるりと歩く。

東京テレポート駅、湾岸線を取り越して、
デックス東京ビーチ、アクアシティお台場へ。
マダムタッソーがあって、五輪3連覇のボルトも。

2016081502

お台場海浜公園を歩く。
海を見ながら、いい感じの散歩道ですが、
ポケモンGO・ポケモンを探している人、多数。

2016081503

2016081504

海岸をぐるーっとまわって、
フジテレビ本社横を通って、
最後はダイバーシティ東京へ。
実物大ガンダムを拝んで、
東京テレポート駅でゴール。

2016081505

|

Aug 06, 2016

自炊









そろそろ、ネタに尽きてきた。

|

Aug 02, 2016

門井慶喜「家康、江戸を建てる」



家康が江戸という町を作ったお話。
まるで時代劇の中のプロジェクトX。
最初は、治水の話。
大きな川の流れを変えて、湿地帯を人の住む土地に。
次は、造幣の話。
通貨を制するものは世を制す。
3番目は、上水の話。
町に住む人々のために清らかな水を江戸に引き込む。
その次は、江戸城の石垣の話。
大きな大きな石をどうやって積み上げるのか。
最後は、天守閣の話。
泰平の世に天守は必要か。何故白い壁なのか。
とても読みやすい文章でした。
この本を読んで、
東京の町を歩くのがとても楽しくなりました。

|

Jul 18, 2016

海の日プロジェクト、晴海ふ頭

海の日ということで晴海ふ頭に船が集まっています。

2016071801

漁業調査船・海洋丸。
水産庁のファンネルマーク。

2016071802

深海潜水調査船支援母船・よこすか。
深海巡航探査機・うらしまをのせていました。

2016071803

2016071804

2016071805

2016071806

漁業取締船・東光丸と白竜丸。

2016071807

体験乗船で、高速ボートに乗っていました。

2016071809

球状の船首形状が特徴的なコンテナ船・なとり。

2016071808

まるでUFOキャッチャーみたいな写真になってしまった。

2016071810

2016071811

自動車運搬船・アクアマリンエース。
こちらは、残念ながら、
事前登録・子供同伴でないとダメでした。

|

Jul 17, 2016

東京散歩、皇居

今、読んでいる本に江戸城の石垣を積む話と
天守閣を造る話があります。

2016071701

江戸城の大手門。
大きな鏡石を見つけることができず。

2016071703

2016071704

こちらは、北桔橋門の石垣。
その本では、大手門を手掛けていた五平が
その美しさに息ができなくなる、といった場面があります。

2016071702

天守閣の跡。
黒塗りでなく白塗りの天守閣だったそうですが、
焼失後は、経済的な理由、
争いのなくなった時代には必要なく再建されず。

2016071705

2016071706

帰りに、三菱一号館美術館へ。
明治時代を感じる建物。

2016071707

19世紀に撮影されたジュリア・マーガレット・キャメロンの
ポートレート多数を鑑賞。

|

Jul 16, 2016

東京散歩、水道橋

今、読んでいる本に、家康が大久保藤五郎に
上水の整備を命じる話があります。

2016071601_2

ということで、お茶ノ水から神田川沿いを歩く。

2016071602

この付近の寺のわき水で秀忠がお茶を沸かしたのが、お茶の水の由来とか。

2016071604

水道橋から神田川を見る。

2016071603

お茶ノ水と水道橋の駅の間に「水道橋」があったそうです。
水道の橋とはいったい?

2016071605

東京都水道歴史館に行くと、
神田川上水懸樋(かけひ)の模型がありました。

江戸時代の初め、井の頭池などから流れを集めて、
神田川の上に懸樋を通して、
日本橋などに飲み水を供給していたそうです。

2016071606

市街では、地中に埋めた木樋を通して飲料水を運んだそうです。
よく水が漏れなかったものだと感心します。

2016071607

水道歴史館の外には、郊外を走っていた石樋が再現されていました。

江戸時代の水の確保は大変だったのですね。

|

Jul 13, 2016

川崎フロンターレ、新潟戦

友人に誘われて会社帰りに等々力に来ました。
追いついて、また追いついて、
最後の最後、アディショナルタイム4分に逆転勝利です。
大興奮の試合です。
ぜひまた応援に行きたいと思います。

2016071301

2016071302

|

Jul 02, 2016

東京散歩、浜離宮・増上寺

2016070201

築地からスタート。

Shibauranofuukei

歌川広重の芝うらの風景。
右手の台場が浜離宮と思われる。

2016070202

2016070203

将軍家の別邸、浜離宮恩賜庭園。
汐留のビルが借景。

2016070204

2016070205

2016070206

鴨場。
小屋から音を鳴らすと、
餌目当てに飼い慣れたアヒルがやってくる。
のぞき穴からその様子を覗く。
アヒルに続いて水路に入ってきた鴨を
鷹で狩るそうです。

2016070207

蒸し暑い一日でしたが、
ビル街の中、竹の日陰で風も涼しく。

2016070208

汐留ウィンズ近くの通りは、おしゃれ。
ココ壱とは思えない。

2016070209

関東のお伊勢様、芝大神宮。

2016070210

江戸時代のものと思われる土塀。

2016070211

2016070212

増上寺の三解脱門。
むさぼり、いかり、おろかさから解放されたい。

2016070213

2016070214

鋳抜門の奥には、
6人の将軍のほか、多くの親族のお墓が。

2016070215

2016070216

家康を祀る芝東照宮。
増上寺の宝物展示室では、葵のご紋の品々や
日英博覧会に出展した台徳院殿霊廟模型を見る。

2016070217

台徳院殿霊廟惣門。
多くの建物が空襲で焼けてしまったそうで残念です。

2016070218

方丈門。
黒門だったそうだが、
今はところどころに残るだけ、

Zoujyoujitouakabane

増上寺塔赤羽根。
今では五重塔はなく、その代わりに東京タワーが。

2016070219

2016070220

最後に、東京23区で一番高い山、愛宕山に登る。
出世の石段を上から見下ろす。

|

Jun 26, 2016

東京散歩、湯島

上野からスタート。
ひさびさにアメ横に来ましたが、いろいろあって面白い。

20160626_115511

20160626_141309

御徒町で昼飯を食べる。
お客さんはたくさんいるのに私以外はみんな外人、店員もみんな外人。
聞こえてくる様々な言語とカタコトの日本語。
東京って、カオス。

20160626_120918

蓮だらけの不忍池。

20160626_122104

20160626_124800

20160626_122757

旧岩崎邸庭園。
三菱岩崎三代目の旧邸宅。
コンドルの設計。
ベランダから風が吹いて気持ち良い。

20160626_131435

併設の国立近現代建築資料館で、
明治以降の日本の建築を勉強。
こうやってみると、
木造、レンガ、コンクリ、鉄筋と
建築は革新的に進化してる。
どの時代の意匠も素晴らしい。

20160626_133154

受験生の息子に代わって湯島天神へ。

20160626_133240

菅原道真を祀った天満宮、学問の神様。
道真は、牛とも縁が深く、なで牛もありました。

20160626_133818

奇縁氷人石。
迷子石があるほど、昔は混雑したのでしょう。

20160626_133526

20160626_133547

順に、男坂、女坂から見下ろす。
江戸の時代には、ここから
不忍池の弁天島や寛永寺も見えたのでしょうか。

Yuhimatenjin

歌川広重の湯しま天神坂上眺望。

|

«東京散歩、明治神宮