« ドイツの造船所を見学 | Main | 再びハンブルグへ »

Sep 16, 2004

リューベック観光

SEP16-01午前の会議を抜けて、30分ほど鉄道に乗ったところにあるリューベックを観光。ここはハンザ同盟時代に最も繁栄した町で、川の中州にある旧市街全体が世界遺産になっています。実は、学生時代に来たことがあるのですが、そのときの遠い記憶をたどりながら、2時間ほどぐるぐる歩き回りました。どれの建物も歴史があり、茶色いレンガで統一され、とても美しいのですが、いかにもドイツ、派手な装飾はほとんど見られず、質実剛健と言った感じです。写真は町のシンボル、ホルステン門。壁の厚さが3.5Mにもなる部分があるそうで、建物が地面にめり込んでいました。夜は、ホテルで会議主催のバンケット。グリークラブ、リューベックおじさん達の長い長い、でも楽しい合唱のあとは、お待ちかねの食事。あれれ、何故かビッフェだった。でも、ワインはいっぱい飲みました。なんか、毎日、ビールか赤ワイン飲んでる気がする。

|

« ドイツの造船所を見学 | Main | 再びハンブルグへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/1472133

Listed below are links to weblogs that reference リューベック観光:

» ハンザ同盟の女王 リューベックの思い出 [Blog by Kazu]
ラピュタのようだなと思った。独立した島、川と運河に囲まれた旧市街だけが、外界と隔絶した時間の中にあるような。もちろん世界遺産。空からの画像はポストカードの写真。... [Read More]

Tracked on Nov 30, 2004 at 05:21 AM

« ドイツの造船所を見学 | Main | 再びハンブルグへ »