« QRコード作成 | Main | この木何の木 »

Jan 31, 2005

仮面ライダー響鬼

はじまりました、新しい仮面ライダー。
今度は純和風の『鬼』です。
毎回、色々な世界観を考えますねえ。

Hibiki

まず、惹かれたのはその戦闘装備。

・変身音叉 音角(ヘンシンオンサオンカク)
変身するときに使う。音叉でビョーンと額に響かせる。

・音撃棒 烈火(オンゲキボウレッカ)
太鼓のバチで、ドンドンと叩くと火が出る。

・音撃鼓 火炎鼓(オンゲキコカエンツヅミ)
清めの音を敵に送り込む。

・ディスクアニマル
響鬼が用いる式神。鷹や狼の魂を持つ。

音で敵と戦う訳ですね。
中でもCGを使った式神は興味有り。
ヒビキが円盤を投げると、小さな使い魔が現れ、偵察などをします。
現代版、陰陽師、安倍晴明か。
でもベルト(装備帯と言うそうです)のバックルのマークは、セーマンドーマンではなかったので、あんまり意識してないのかなあ。

漢字が多用されていたり、エンドロールが縦書きになっているからか、まどかは
「なんだ、おとなの(ための)仮面ライダーか」
と残念がっておりました。
ある意味、その通りです。

仮面ライダー響鬼

時は現代。人々を襲い、喰らうことにより生きながらえてきた太古からの妖怪が暗躍していた。 そこに、鬼に変身する能力を持つ主人公が現れた。その名も『仮面ライダー響鬼(ヒビキ)』。 2本の角の鬼の容姿を持ち、音撃武器を駆使して戦う妖怪ハンターである。 今、その物語が始まる・・・

|

« QRコード作成 | Main | この木何の木 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/2761063

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー響鬼:

» 『仮面ライダー響鬼』 [珠緒にゃん☆れぼりゅーしょん]
【仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼】 TVでは見た事なかったんだけど松尾くんが出演してるから観てきちゃいました 仮面ライダーカブキ役で、めちゃ×②カッコ良かったヒビキと、仲間の仮面ライダーが7人もいたから変身後は誰が誰だかわからなくなったけどカブトは派手だった....... [Read More]

Tracked on Oct 20, 2005 at 04:01 PM

« QRコード作成 | Main | この木何の木 »