« 東京出張土産 | Main | おトクなケータイの使い方 »

Jan 18, 2005

吉田修一「パーク・ライフ」

Parklife表紙に惹かれて読んだ本。芥川賞作品だそうです。ぼくが地下鉄で間違えて声をかけてしまった女性と偶然再会し、日比谷公園を舞台に話が進んでいく。現代の都会生活の人のつながりってこんな感じだ、と思う。妙にリアル。東京のスタバで読んだから?読後、何とも言えない心地よさが残るが、もっと重い話が読みたいと思ってしまった。そういう意味では、もう一つの収録作品「flowers」の方が面白かった。最近、描写がきれいでさらりと読める小説が世間では好まれているような気がする。そう言う私もその一人かも。

|

« 東京出張土産 | Main | おトクなケータイの使い方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/2617842

Listed below are links to weblogs that reference 吉田修一「パーク・ライフ」:

» book [ミチミチ]
吉田修一さんの「パーク・ライフ」を読みました。 日常の中にあることって、すごく普通のことようで、本当はすごく大事な大切こと。 そう言うことが、すごく表現され... [Read More]

Tracked on Jan 26, 2005 at 03:20 PM

« 東京出張土産 | Main | おトクなケータイの使い方 »