« 奥田英朗「空中ブランコ」 | Main | 一ヶ月経過 »

Feb 12, 2005

真珠の耳飾りの少女

Pearlearring
朝からずっとNHKでルーブル美術館の特集をやっていて
食い入るように見ていました。
色々あるけどやっぱりフェルメールの絵はいい。
とっても見たかったけど
地元映画館では公開されなかった映画が
一週間レンタルできるようになったので
やっとみることができました。
真珠の耳飾りの少女
モデルの少女はフェルメールの娘という説がありますが、
この話の中では使用人がキャンバスに描かれます。
色が白くて美しい人です。
作中では物静かなイメージですが
他の映画では良く喋る人だなあという印象が。
作品によって随分変わるものです。
この絵はオランダ・ハーグの美術館にありますが、
数年前、大阪に来たことがあります。
もちろん、見に行きました。
でもあんな大騒ぎの中で絵なんかまともに見れません。
誰もいないところで何時間も目の前でフェルメールの絵を
見ることができるルーブルはやっぱり素晴らしいです。
Vermeer
青いターバンの女(1665年頃)

|

« 奥田英朗「空中ブランコ」 | Main | 一ヶ月経過 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/2895247

Listed below are links to weblogs that reference 真珠の耳飾りの少女:

» 真珠の耳飾りの少女 [かずろぐ]
昨日に続いて、アート関係の話を・・・。 「真珠の耳飾りの少女」。 この映画は少し前シアターで観ました。オランダの画家、あのフェルメールの絵画「真珠の耳飾... [Read More]

Tracked on Feb 14, 2005 at 02:27 AM

« 奥田英朗「空中ブランコ」 | Main | 一ヶ月経過 »