« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

Mar 31, 2005

デュエルってなんだ?

えいすけが大喜び。
じいじに何やら買ってもらった模様。
こんどは、ポケモンじゃなくてあらたなキャラクターカード。
その名も「デュエル・マスターズ」。
・・・
って何?
遊戯王デュエル・モンスターズとは違うのか。
テレビでも見たことがない。
小学校のお兄ちゃん仲間では流行っているらしい。
ぐぐってみると映画をやっていた。
★劇場版ロックマンエグゼ・デュエル・マスターズ★
Rd Movie Banner
ストーリーはこんな感じ。

暗黒の闇の力に覆われたヤーク島。そこでデュエルを行うと、召還したクリーチャーが実体化する。島のハデス城に住む、謎のデュエリスト・オルフェと姉のエレクトラは、恐るべき計画を実行するためにデュエル大会を開催した。
日本一のデュエリスト・切札勝舞(きりふだしょうぶ)をはじめ、強いデュエリストたちがヤーク島のデュエル大会に集結。そこでエレクトラから、この大会の真の目的が明らかにされた。それは、負けたデュエリストからパワーを吸い取り、不滅の肉体を持つクリーチャー・神滅竜騎(しんめつりゅうき)ガルザークを解放すること。そして、世界を闇に包み込み、人類を滅亡させる……
世界を闇から守るために、勝舞はオルフェとの危険なデュエルへ挑む!!

デュエルを行う?デュエリスト?デュエル大会?
うーん、結局、デュエルって何のことなんだ?
二十数年振りにコロコロコミック買おうかな。
公式ページでカードゲームのルールを見るもチンプンカンプン。
TAKARA デュエル・マスターズ
どんどん子供についていけなくなってくる。
小学校入学直前に早くもとーさん脱落か?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 30, 2005

民放より国営放送が好き

W杯予選、バーレーン戦。
前半はなんだか欲求不満。
守って守ってカウンター狙いの相手に対し、
日本の狙いは何なのかよく分からない。
強いて言うなら中村のフリーキック?
ヒデのキラーパスも少なかった。
が、ヒデのボランチはいいと思う。
それにしても復活したゲンク師匠は面白い。
見てないところで色々やってる。
一方、後半はワクワクする展開。
見ていて面白かった。
もっと点が入っても良さそうだったけど。
結果的にオウンゴール、1-0で勝ち。
サルミーンさまさま。

ところで、

気になるのがテレビの実況解説。
訳あって前半はテレ朝を見たのだが、
川平Jの雄叫び、セルジオの精神論は好かない。
(でもセルジオはサッカーが
めちゃ上手いので何を言ってもいいのだ)
先日のイラン戦の松木も言葉足らず。
実況アナも頑張れよー。
日本国民の多くがその声に一喜一憂してるんだから、
サッカーを勉強した上で、正しく伝えて下さい。
後半は家に帰ってNHK BS。
やっぱりこっちの方が落ち着いて見ることができる。
木村和司と井原は淡々として良い。
もちろん個人的ひいきも大きい。
やっぱり民放は色を出すのが宿命なのか。
ブラジルの中継見たく。
音を消して見ろって言われそう。

とにかく、ドイツ期待してます。
頑張れ、ニッポン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2005

メアドの平均寿命

同窓会みたいなのがあってこの前から5年前の名簿をもとに
出欠確認をメールで行っています。
しかし、ほとんどが今ではもう使用されていないらしく、
宛先不明で帰ってくるか、返信無しです。
その中でも返事くれた方、感謝。
そこでふと疑問。
メールアドレスの平均寿命(有効期限)ってどのぐらいなんだろう?
先日、ブロガーの平均寿命は一ヶ月強とかいってたけど。
私自身は10年近く前のメアドはまだ生きてます。
その後、プロバイダ変更でメインのメアドは変わってしまいましたが。
スパムが多いので使い分けたいとも思っています。
ケータイなんかどんどん変わるのでしょうね。
メールって便利だけど、つながりが薄いなあと感じる今日この頃です。
やっぱ、手紙かなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2005

前田智徳は誤解されている。

プロ野球オープン戦も終わりに近づき、開幕間近。
今年は新球団や交流戦など楽しみが多いですが、
カープはというと・・・
オープン戦、負けまくってます。
そろそろ実戦モードに入ってほしいのですが。
山本監督ほか、赤ヘルのみなさんよろしく。
ピッチャーは大竹、バッターは嶋に期待、注目してます。
頑張れ、市民球場に応援に行くぞ!
カープの「野球を見に行こう」のポスターも必見。
Maeda

このポスターを見られたお客様が、球場に寄って行こう!週末には子供を連れて野球を観に行こう!と思ってもらえればと制作いたしました。

キャッチコピーもなかなかです。
けっして、天才じゃありません
ひたむきな野球馬鹿背番号1は
グラウンドでご賞味ください

ばりかっこえー、前田、最高じゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2005

このおじさんは誰?

iTunesで再生するとジャケットも表示してくれて
非常に楽しいのですが、
該当するものが見つからないのか
たまにこのおじさんが出てきます。

Who

この人一体誰?
見つからない場合は『no cover』でいいのだけれど。
頑張って無理矢理こんなおじさん出さなくていいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

レゴ王選手権の作品

この前まで気づかなかったのですが、
先日のTVチャンピオン レゴ王選手権の作品が
以下のサイトでみることができます。

レゴブロック・ドットコム
TVチャンピオンレゴ王選手権 トイザらス

あらためて見てもすごく楽しいです。
その後、出場選手の方のブログ等を拝見すると
ものすごく大変だったみたい。
パーツを自腹で購入したり、
いろんなギミックがテレビではカットされていたり。
でも、少なくともえいすけは
インスピレーションを受けていたはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 19, 2005

ポチッとしちゃった

Legobag-2
レゴ・ショルダーバッグ(青)。
レゴランド限定。
リュックサックもあったけど、
こっちのほうがかわいいかと。
でも私のではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2005

大和

もうすぐ呉の海事歴史科学館がオープンします。
ココの目玉は先日竣工した大和の1/10模型です。
模型と言っても1/10なので全長26メートルもあります。
普通、船の模型は大きなものでも1/100で、えらい値段がします。
この大和の模型の外板は木やFRPでなく実物と同じ鉄板だそうで。
仕事を受けたのは設備の整った大手造船所だけれど、
薄い鋼板をきれいな曲線に曲げるのは難しく、
この部分は下請けの中小の工場でやったそうです。
と、実際に仕事を行った友人が誇らしげに言っておりました。
頑張れ、ものづくりニッポン。

もう一つ、大和で話題となっているのがもうすぐクランクインする
「男たちの大和 YAMATO」という映画。
反町隆史、中村獅童、主演だそうです。
当然、戦艦大和が舞台となるのですが、
このセットを尾道の造船所で作っています。
2005年3月号:戦艦大和建造中!!〜(おのなび)参照
先の模型は1/10でしたが、今度は一部とはいえ実物大です。
実際に見た人によると、尾道側から対岸の向島での
そのセット?の建造がよく見えるそうです。

しかしすごいなあ、こんなもの造って。
でも、お仕事楽しそう。
戦争でなく、教養、娯楽のためにその技術を活かすことが大事です。
春になったらぜひ行ってみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2005

かぜ、かぜ、かぜ

今、我が家には風邪ひきが3人居ます。
私以外全滅。
週末は長男えいすけの卒園式。
だけど、昨日も今日も休んでしまいました。
あと3日しか幼稚園生活はないのに。
友達と会えるのも残り僅か。
代われるものなら代わってやりたい。
もし代われたら
・・・
えいすけは幼稚園に行き、私が会社を休む。
いいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2005

山井教雄「まんが パレスチナ問題」

Palestine
講談社現代新書。
まんがとあるが、挿絵がある程度でいわゆるコマ割りのマンガとは異なる。
ユダヤ教の起源から始まり、アラファトの死去までの内容。
改めてその複雑な歴史を整理することができました。

ユダヤ教のエホバ、キリスト教の神、イスラム教のアラーもみんな同一の神様。
でもエジプトやギリシアと違って唯一神なので、ほかは認めない。
もともとは同じ神様なのに。
やっぱり宗教や民族ってあるようでないもの、人間が勝手に都合よく作り出したものだということがよく分かりました。

それともう一つ。
現在のパレスチナ問題は、3000年も前から続くユダヤの悲劇(例えば十戒やバビロン捕囚のような)が原因でなく、現代100年に作られた問題です。
私個人の意見では、宗教問題でも報復合戦でもありません。
アメリカその他の大国によって、その場その場で行き当たりばったりの利害重視の外交によって作られた悲劇です。
その根底の問題は、宗教や民族の自由でなく貧困だと思うのです。
昨今の自爆テロは、イスラエルに対するパレスチナの憎しみだけが原因でなく、残された家族の生活費を貰うために行っているのです。
湾岸戦争では戦費、イラク戦争では軍隊を派遣した日本。
本当にすべきことは何なのかをよく考えるべきです。
この本では入門書として長い歴史を平坦にまとめた形となっていますが、この辺りをもっと深く掘り下げた本を読んでみたいと思います。

いつも「複雑な」と言われる「パレスチナ問題」。宗教や民族という日本人にはなじみにくい概念が問題のベースになっているし、昨日までの味方同士が突然戦争を始めたりして、たしかに、わかりにくいのはたしかです。だからこそ、本書では少しでもわかりやすいように、ユダヤの少年ニッシムとパレスチナの少年アリ、そしてエルサレムのねこ、2人と1匹が、旧約聖書の時代から21世紀のいままでの「パレスチナ問題」をガイドします。日本から少し距離のある国のお話ですが、すべてがつながっている現代では、けっして遠い世界のお話ではないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 07, 2005

もうすぐ卒園

長男が幼稚園に行くのも今日を含めてあと10日。
あっという間の2年間でした。
初めてのことで親子共々分からないことばかりでした。
お風呂でえいすけが言いました。
「クレヨンしんちゃんも今度から小学校に行くんだよ」
まじで?初めて聞いたぞ。
どうやらテレビの中も自分と同じように考えているみたい。
不思議と幼稚園児でないタラちゃん等
サザエさん一家は気にならないみたい。
あそこの家族なんか何十年も歳とってないゾー。
もうすぐクレヨンしんちゃんも追い越しちゃうんですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 06, 2005

Jリーグ開幕

サンフレの第一節は清水と。
苦手の日本平での結果は1-1の引き分け。
ハイライトしか見られなかったけど、
残念な失点から追いついたのは良しとしたい。
今年から前期・後期のリーグは無くなり
一年を通して戦うことになるので
選手層の薄い広島はちょっと心配です(カープも)。
でも、J's GOALの言葉を信じたい。

広島のほうは、90分間攻守に質の高いプレーを見せ、あとはコンスタントに点さえ取れれば上位に食いこんでいきそうな雰囲気を十分に感じさせた。キャプテンの森崎(和)が言うように、攻撃にかける人数を多くしてシュートに至るパターンを増やしていくことと、ガウボンの決定力が今後のカギとなりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 02, 2005

お内裏様とおひな様

明日はひな祭り。
愛用している「ほぼ日手帳」の3月3日のページ下には
お内裏様とおひな様について書いてありました。
元々は左(向かって右)が偉い人でお内裏様、右がおひな様だったけど、
西洋式に倣って昭和天皇が右に並んだので、近代関東では逆になったとか。
関西は今でも左がお内裏様、右がおひな様だそうです。
結局、どっちでも良いのですね。

我が家のひな人形は・・・
Hina
右にお内裏様、左におひな様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 01, 2005

ココログのディスク容量増

引っ越しを考えていた矢先にこんなお知らせが。

ココログのディスク大容量化について(お知らせココログ)

私はベーシックのままなので30MBから50MBになるそうです。
良い事です。
サーバーに負荷がかからないよう頑張って下さい。
でも一番の不満は、
プラス、プロができて簡単にデザインをかえられるようになった反面、
ベーシックではいろいろとデザインをさわれなくなったこと。
ココログさん、なんとかしてよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »