« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

May 29, 2005

トレマーズ

ケビンベーコン目当てで嫁さんが録画していた
トレマーズ」を見ました。
大地も揺らす爆笑モンスター映画?
何にも考えず面白かった。
出てきた東洋人はベストキッドのおじさん?
似たようなB級映画で「ヒドゥン」を思い出しました。
あれも有名俳優のブレイク前の傑作ですね。
カイル・マクラクラン主演。
制作費に関わらず、やっぱり単純に面白いものは面白い。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2005

あたらしいセレナ

我が家の愛車は日産セレナなのですが、
もう買って6年が経とうとしています。
当時は長男が生まれ、そろそろ大きな車にしないと、と思い
ミニバンを中心に色々ディーラーを回った末に
嫁がそのデザインに、私はCVTに惹かれ購入を決めました。
やっぱり最新はいいなあと思ったものです。
当時のミニバンでは両側スライドドアはセレナしかありませんでした。
ジョンレノンの曲が流れる「モノより思いで」のCMも好きでした。

現在、独走を続けるノアに対抗すべく、
ステップワゴンがフルモデルチェンジをするそうで、
(こっちは最近のホンダの”顔”になってる!)
新型『セレナ』も5月31日デビューだそうです。

「BIG3列、FUN8人」。いっぱい乗れる、いっぱい積める。
新型『セレナ』が5月31日に誕生します。
みんなが快適に過ごせるゆとりの室内空間に、使いやすい楽々操作感、
多彩なシートアレンジなど、新しい魅力が満載です。

家に届いたパンフレットをみると
デザインは現モデルの流れを汲みより洗練された感じ。
全て良くなっているけど、これと言って大きな目玉は無いなあ。
室内空間の広さを売りにしているみたいですが、
個人的にはスライドドアが大きく開き、
2列目3列目から同時に乗り降りできるのはいいなあと思います。
現モデルカラーの緑は無く、新しいオレンジが目を引きました。
走りの方はどうなのでしょう。
今度、ディラーで見てみませう。
でも次買うなら家族カーよりビュンビュン走るやつがいいなあ。
随分、先のことになるだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

オラが市民球場

鯉のぼりの季節も終わり、
なかなか苦しい順位が続いているカープですが、
地元出身のアーティストが盛り上げています。

奥田民生のコラボ観戦セット
チケットと民生坊や(首振り人形)と民生弁当のセットです。
ポイントは弁当。
私の好物の「むさし」の大きなお結びです。

わしを市民球場に連れてって
ケミストリーの堂珍さんが自身作詞作曲の応援歌を歌っています。
先日の楽天戦では始球式も。
ネット限定配信ですが、球場で聞くこともできます。

勝った日は嬉しい、負けると悔しい気持ちは
有名人と言えど同じ気持ちなんだろうな。

我が家も今度、市民球場へ交流戦を応援に行く予定。
おいらは出張で行けないけど、グスン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

九州土産

九州地区限定。
ひよこのペロティなんてあったのですね。
し、渋い。
Peroty

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

原作入手

Bj123
この前、ブラック・ジャックのことを書いて無性に読み返したくなりました。
どの本屋もアニメ化に伴い新装版に変わっていてオリジナルは無し。
数件回ってやっと改装版の「ブラック・ジャック」を見つけました。
新装版はオリジナルと収録が変わっていて話がとびとびだったので。
改めて読み直してみると奇想天外ではあるが、やっぱり面白い。
どうしても読みたかった「畸形嚢種」と「その子を殺すな!」は2巻に収録。
「山手線の哲」や「ナダレ」など原作と比べるとアニメは結構、話が加えられているのですねえ。
でも、より面白くなってる気がします。
あー、3冊読んですっきりしました。

畸形嚢種(1974/02/18)
さる高貴な身分の女性がBJの診療所に運び込まれてきた。彼女の体には奇形嚢腫があり、BJが調べてみると女性の体内には発育が未熟ながらもひとりぶんの人間の体内部品が揃っていた。BJは切除した嚢腫を組み合わせて肉体を持った人間の姿にしてあげる。そしてピノコが誕生する。

その子を殺すな! (1974/04/29)
超能力者のハリ・アドラ。彼は神の力を借りて病人を治療しているのだと宣言していた。雑誌社の企画でハリはBJと腕を競うことになる。母体を救うため子宮外妊娠の胎児を死産させようとするBJに対し、ハリは「神の力」で胎児を救うと言い放つ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 22, 2005

Kill Bill

Killbill1
タランティーノ監督の「キル・ビル」見ました。
細かい設定なんか無く、とにかく手足飛びまくりのチャンバラでしたね。
好き嫌いが分かれそうな、オタク度満点の映画です。
善し悪しは後編見てから考えます。
サントラは公開すぐに購入したのですが、こっちは文句無く最高です。
中でもバン・バン、新・仁義なき戦い、片目の殺し屋の吹く口笛?はいい。
それにしても千葉ちゃんはカッコいいねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

貨物船のレゴ

10152
インコ屋さんでマースクシーランド貨物船のレゴが今日の夜8時から限定30個発売です。

マースクシーランドの貨物船を再現したこのセットは、988パーツ、完成時全長69cmの迫力
ロゴステッカー入りのコンテナも雰囲気満点!

うぅー、欲しい。
職業柄、これは欲しい。
ちなみにマースクシーランドはコンテナ船を中心に250隻以上の船舶を持つデンマークの海運会社です。
でもちょっと高いなあ。
先日のマイホームもまだポチッとしていないし。
どっちもいいなあ。
これだけ大きな貨物船なら部屋に飾ってもいいかも。
分かる人しか分からないかもしれないけど、
ウィンドラスやアンテナ類の艤装品もちゃんとあってうれしい。
操舵室の窓なんか雰囲気あります。
オレンジ色の救命艇もかわいいですね。
船首部の滑らかな曲がり部を逆に凸凹させているのに力強さを感じる。
マークスブルーがきれいです。
自分が建造に関わった船だったら即買いなんだけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

ポケパークへ行こう

Pokepark
9月まで開催される愛知万博。
マンモスはそんなに見たいと思わないのですが、
子供共々「ポケパーク」へは行きたい!
ポケモンをモチーフとした万博のサテライト会場です。
入場は無料だけれど、アトラクション毎の料金が必要だそうで、
しかもEdyカードのみの支払いだそうです。
何はともあれ、子供以上に行きたいなあ。
特にピカチュウが子供たちを乗せて走る「ピカチュウの森」や
「ポケモンメリーゴーランド」、「ポケモン大観覧車」には乗らねば。
というか皆さん乗って下さい。
ついでに万博の「展覧車」(観覧車)も。
なぜなら、みんながいっぱい乗る
→私の会社が嬉しい
→お給料、少しでも増えるかも?
→私も嬉しい、だからです。
ぜひ、お立ち寄りください。
我が家は行くなら夏休みかなあ?混み混み?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

ヨメナ語

嫁さんに「かしらもじでぇー」ってなに?
と聞かれた時は最初???だったが
よく考えたら分かった。
分かったらすごく笑えた。
愛読しているほぼ日
その中でも要チェックしているのが
ほぼ日式 声に出して読めない日本語。
意味は分かるけど、声に出せと言われると
躊躇してしまう漢字ってあります。
最近のタレントの名前や新聞記事、流行語とかも。
例えば

韓流、急度、一青窈、FIFA、宮藤官九郎、赦す

などなどいっぱいあります。
ここで勉強しませう。
ちなみに「ほぼ日」は「ほぼにち」と読みます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2005

象印のタフマグ

Mag
仕事の帰りに缶コーヒーを買って車の中で飲んでいたのですが、
毎日となると結構勿体ないし、嫁曰く体に良くない。
そこで象印のタフマグを購入しました。
一週間使ってみたのでその感想を。
ポイントは360mlの容量とその保温力。
大き過ぎず小さ過ぎず。
車のホルダーにもぴったり。
朝入れた氷が夜まで残っているのにはびっくり。
外側に結露も無いし。
ひとつ難を言えば、
飲み口が鋭いステンレスで気になると言えば気になります。
でもでも職場以外でもドライブなど、この夏活躍してくれそう。
値段的にもオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

ミスティック・リバー

Mysticriver
見たかったけど、重い話だったのでなかなか見られなかったのですが、
ついに見ました、「ミスティック・リバー」。
クリント・イーストウッド監督。
ショーン・ペンの娘が何者かに殺され、血まみれで帰ってくるティム・ロビンス。
その事件を担当する刑事がケビン・ベーコンで、三人は少年時代の遊び仲間。
謎解きだったのもあり一気に見ることができました。
過去の悲劇が更なる悲劇を生み、そしてもう戻れない。
現代のアメリカの悲劇と言うか、最近の日本も近いものがあるのが怖い。
でも、ショーン・ペンってすごいです。
この前見たのが「アイ・アム・サム」だったので、特にそう思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 15, 2005

シニカルで太った猫

Garfield
ガーフィールド」のDVDを見ました。
日本では知名度低いですが、
嫁の昔からのお気に入りで我が家では人気者。
家の中にも毎日使うコーヒーカップなどグッズいっぱい。
この世界一有名な猫は、
好きなものはラザニア、意地悪、睡眠、歌、
嫌いなものはダイエット、月曜日、ネズミ捕り、木登り、クモ。
とっても親近感持てます。
映画の方は、人と動物は実写で、ガーフィールドだけCG。
人とガーフィールドが絡む撮影は想像できますが、
犬のオーディとCGの絡みはどうやって撮影したのでしょう?
あと、子供と見たので日本語吹き替えでしたが、
藤井隆の声は良かったです。
ガーフィールドみたいな生活、憧れます。

公式サイト:Garfield and Friends Official Site

追記
今晩の夕食はラザニアでした。ああー美味い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

アッチョンブリケ

Bj2
月曜のよる7時から放送している「ブラック・ジャック」。
原作のようなエグイ手術シーンはなく、子供向けに仕上げているのか。
コナンは血出まくりなのに。
でもでも、手塚眞監督のブログによると「奇形膿腫」のお話が放送されるようです。
上記のような理由で、このお話は何にも触れられないままなのかなあと思っていました。
これでやっと子供たちに「ピノコは子供なのになんで18歳なの?」と言う質問攻めにあわなくて済みます。
普段はテレビ見られる時間では無いですが、この話はビデオ録画でもみたい。
あと印象に残っているのは「その子を殺すな!」の話。
子供の頃読んだ原作で一番、ショッキングだった。
あれは今でも考えてしまいます。
放送するのは難しいだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 11, 2005

Bonanzaとは宝庫のこと

今日から販売、インコ屋さんで7600円。
あと一ヶ月待てば、amazonで5530円。
一ヶ月で2070円の差。
むむむー。
待つかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

がんばれ、ものづくり

今朝の山陽新聞の「ひと」欄に
搭乗型2足歩行ロボットを作ったとして
榊原機械の南雲さんが紹介されていました。
まっすぐ歩かせることが難しかったと。
3600万円で売り出すそうです。
結構、町おこしで売れるのでは。

Landwalker
榊原機械株式会社

やっぱり「ものづくり」って良いですね。
形あるものを作っていくというのは楽しい。
そんな理由で私も今の仕事をしている訳ですが。
そんな人を見るとめちゃめちゃ応援したくなります。
みんな頑張ってるんだなあ。
他にもいくつか応援したくなるものづくりを紹介。
何故かサンライズ系が多いのは、私がそういう世代なのか。

なんでも作るよ。: ん?
ボトムズの1/1スコープドッグを作ってる鍛冶屋さん。

久米の里 — 岡山県久米町・道の駅
7メートルのZガンダムを作った津山の人。

【ミナログ】製造業社長の逆襲: ガンダム大地に寝る
削りだしガンダムを作ってる木型屋さん。

大和ミュージアムへようこそ
1/10戦艦大和を展示している呉市海事歴史科学館。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 09, 2005

モスのパオチキン

Pao
テレビのCM見て北京ダックがすっげー美味そうだったので、
モスバーガーのパオチキンを食べてみた。
パオ生地はしっとりとしたナンといった感じでグッド。
肝心の北京ダックは・・・
ただの鶏のもも肉やんけ。
騙された?
よく読むと「北京ダック風ソース仕立て」でした。
よく考えたら380円で北京ダックが食べられる訳ないよね。
とほほ。
やっぱモスは玄米フレークに限るね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

平翠軒のうまいもの帳


Heisuiken

地元の本屋では山積みされているこの本。
平翠軒のうまいもの帳—“食のパトロン”が作った素晴らしき“食べもの宝箱”へ(中島 茂信 著)

年末に倉敷の美観地区にある森田酒造の「荒走り」が出荷されます。
濾過工程でとれるもので、とても良い香りで美味しい。
このお酒に合う絶好の肴が隣接のお店、平翠軒にいっぱいあります。
全国からいろいろと美味いものを取り寄せていて見ているだけでも楽しい。
薫製やチーズも豊富、瓶詰めジャムなどもあります。
倉敷にお越しの際は、ぜひお酒と合わせて肴もお土産にどうぞ。
ホント、オススメです。

お店の公式ページ:平翠軒へようこそ!

岡山県倉敷市に“食の宝箱”とさえ呼ばれる奇跡のようなお店があります。それこそ、三代続くこの古い町の旦那、森田昭一郎が自らの舌と情熱と意地で“うまいもの”を集めた「平翠軒」なのです。この店の棚にずらりと並ぶ商品の数々は、日本一幸せなうまいものたちです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2005

来月、日本発売

4886
前にも書いたマイホーム
なっちゃんでも応募したマイホーム。
通販はどこも品切れであきらめかけていましたが、
いつの間にかamazonで予約開始されてました。
6月15日、日本発売だそうです。
海外通販より安くて12%オフの¥5,530です。
おいらの誕生日なんにも買ってないし、
ポチッとするか。
しちゃう?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

プロフェシー

録画していた「プロフェシー」を見ました。
タイトルは予言者という意味で、
蛾男を見た人が色々な事件や事故を予言してしまうのです。
ウエスト・バージニア州ポイント・プレザントであった
ホントの話が元になっているとか。
主演のリチャード・ギアが走り回ります。
嫁さんは「やっぱやめとく」と。
一人で夜中に見ました。
結構、色々考えると怖い映画でした。
誰にでもこんな経験ありませんか?
個人的な迷信みたいなものとか。
私は小さな頃、嫌な夢を見て
今日は学校に行くのは絶対嫌だとか、
両親が仕事に行くのを必死に止めた経験があります。
それがただの想像でなくだんだん確信に変わっていくと
本当にヤバい。
そんな映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

GW終盤へ

レンタルしてきたセカチュー見た。
長澤まさみがよかった。

店頭でTOSHIBA RD-XV34を触ってきた。
デジタル録画は意外と画質がきれい。

ケータイの液晶保護カバーを購入。
覗き見防止は太陽の下では真正面でも見えない。

村上春樹の「像の消滅」を買ってきた。
よく見ると既読の多い短編集だったが楽しみ。

あとは

ガンプラをゆっくり作りたいと思っている。
愛車が相当汚れているが洗車はしないと思う。

自分の仕事がなんだったか忘れかけてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

プルートウ(2)

Pluto2
GWにゆっくり読もうと思っていたプルートウ第二巻を読みました。
表紙の絵があのアトムです!
巻末の手塚眞氏によると元は原作っぽい絵だったそうですが、
あえて浦沢オリジナルの絵にしてもらったそうです。
それにしても面白いです。
話がぐっと進み、予想以上の展開です。
ルーズベルトのテディベアやまるでイラク戦争みたいな背景は
安っぽすぎる気がして今後が多少心配ですが。
お茶の水博士やウランちゃんも出てきましたね。
原作通り、ゴジ博士とボラーが最後の鍵になりそうです。
でもプルートウが倒そうとしている7人のロボットって
原作の「地上最大のロボット」と同じ?
モンブラン、ノース2号、ブランドー、ゲジヒト、ヘラクレス、
エプシロン、そしてアトム。
そうか、オーストラリアのエプシロンはまだ出てきていない。
ちょろっと見えた女性みたいなアセアンのロボットはエプシロンかな。
きっと重要な役どころなのでしょう。
どんな風にそのキャラクターが描き込まれるのか楽しみです。
原作ではどのロボットが何万馬力かという事に興味有りでした。
今作品では人工知能の容量が気になります。
早く続き読みたーい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

イエローテイルを飲む

Y Tail
サッポロの「イエローテイル」なるワインを飲みました。
今回は何種類かあるうちのシラーズという赤を。
安ワイン愛好家としてはとっても満足。
しっかり濃い味です。
ちゃんと瓶も重い。
とてもこの値段とは思えない。
アメリカで輸入No.1と聞いて納得。
オーストラリアワインは実はお手頃で美味しいことが判明。
今度から選ぶのに悩まず済みそう。
有り難い。
ちなみにyellow tailとは、カンガルーの一種、
ワラビーの愛称だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« April 2005 | Main | June 2005 »