« シニカルで太った猫 | Main | 象印のタフマグ »

May 16, 2005

ミスティック・リバー

Mysticriver
見たかったけど、重い話だったのでなかなか見られなかったのですが、
ついに見ました、「ミスティック・リバー」。
クリント・イーストウッド監督。
ショーン・ペンの娘が何者かに殺され、血まみれで帰ってくるティム・ロビンス。
その事件を担当する刑事がケビン・ベーコンで、三人は少年時代の遊び仲間。
謎解きだったのもあり一気に見ることができました。
過去の悲劇が更なる悲劇を生み、そしてもう戻れない。
現代のアメリカの悲劇と言うか、最近の日本も近いものがあるのが怖い。
でも、ショーン・ペンってすごいです。
この前見たのが「アイ・アム・サム」だったので、特にそう思う。

|

« シニカルで太った猫 | Main | 象印のタフマグ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/4156527

Listed below are links to weblogs that reference ミスティック・リバー:

» 「ミスティック・リバー」 虚無感漂う映画 [映画の話をしませんか?]
ミスティック・リバー いよいよ「ミオンダラー・ベイビー」が公開されるということ [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 12:27 AM

« シニカルで太った猫 | Main | 象印のタフマグ »