« オスロ到着 | Main | 展示会 »

Jun 06, 2005

オスロ船観光

宿泊先のホテルは王宮の横で街の中心地にあります。
でも、仕事先の展示場はメトロで30分以上も離れたところ。
快速に乗れば半分で着くけど、各駅と快速の違いがよく分からない。
午前中に展示会場の準備を早々に終え、午後からは市内観光です。
港から出ている50分間のミニクルーズに出かけましたが、
謳い文句のフィヨルドなんて見られませんでした。
(追記:断崖絶壁じゃなくても氷河で浸食されたのはフィヨルドというそうです。)
でも、ガイドのノルウェー人の女性は日本に住んでいたこともあって上手な日本語でいろいろ教えてくれました。
偶然にも、私の展示会出展ブースの隣で明日から通訳のバイトするそうです。
これも何かの縁ですねえ。
そのあとは船でビィグドイ地区に渡り、博物館めぐり。
バイキング船博物館では、1000年以上前の木製の船を見ました。
こんなので荒波の外洋を渡っていたなんて、想像するだけで怖い。
さすが、バイキング。
時間も無かったので、民族博物館には立ち寄らず、残りを駆け足で。
ペルーからイースター島まで漂流したいかだ船、コンチキ号博物館。
北極点を目指したフラム号博物館。
船の模型がたくさん飾られているノルウェー海洋博物館。
どれも館内に入るときに「あと20分で閉まるよ」と言われ、ぜんぜんゆっくり見ることが出来ませんでしたが、それなりに面白かったです。
さあ、明日からは仕事です。
oslo02

|

« オスロ到着 | Main | 展示会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/4495233

Listed below are links to weblogs that reference オスロ船観光:

« オスロ到着 | Main | 展示会 »