« 倉敷散策、有隣荘 | Main | 世界のカブト・クワガタ展 »

Aug 14, 2005

倉敷散策、アイビースクエア

自転車で巡る大原孫三郎の足跡。

美観地区にあるアイビースクエア。
倉敷紡績、最初の工場跡です。
イギリスから運んできた赤煉瓦の壁と
それを覆う蔦が、春は緑、秋は赤と美しい。
実は、私たち夫婦もここで結婚式をしました。
Ivy Square

この一角に倉紡記念館があります。
孫三郎の時代の分散寄宿舎、学校、病院などの
労働理想主義の具体化のための展示品を見ることができます。
チボリ公園建設による区画整理前は、
実際に万寿工場跡地周辺で古い平屋をよく見ました。

これまでの大部屋式二階建て寄宿舎は、工員を数として詰めこむだけで、人間扱いをしていない。これまた「人道に反する」ものであり、孫三郎としては我慢できなかった。
このため、そうした在来の寄宿舎に代え、二間か三間から成る平屋建てが分散する形にし、棟々の間には花や野菜を植え、家庭らしく人間らしく住まわせよう、というのである。(城山三郎著、わしの眼は十年先が見える)

Kojima Kinen
またこの中に倉庫跡を利用した児島虎次郎記念館があります。
展示の虎次郎作品の中でも「朝顔」が好きです。
ベルギー時代に学んだという光の表現が良いのです。
Asagao

パレット・ナイフで描くとか、チューブの口から絵具を塗るなど、児島はそれまでにない技法も試みており、それも評判になった。また、「頼んでも絵を売らぬ画家」という点で、大阪ではよけい客足を誘ったようであった。(城山三郎著、わしの眼は十年先が見える)

|

« 倉敷散策、有隣荘 | Main | 世界のカブト・クワガタ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/5458234

Listed below are links to weblogs that reference 倉敷散策、アイビースクエア:

« 倉敷散策、有隣荘 | Main | 世界のカブト・クワガタ展 »