« ふじ丸 | Main | アルバムに貼付けてみる »

May 24, 2006

地域コミュニティー

私が子供の頃は、よく親にこんなことを言われました。
「うちはお金持ちじゃないからお前なんかは誘拐されない」
最近はそうでも無さそうです。
いや、金持ちになったのではなく、
最近、ごく普通の子供が被害に遭う事件、
それも連れ去り事件など凶悪犯罪がおきています。
それを防ぐのは、
地域や学校などのコミュニティーの力が大きいと思うのですが、
その形態も今風と言うか、何と言うか。

先日、子供が通う学校を通じて
市の新しい配信システムの案内がありました。
不審者などの情報を携帯メールにて教えてくれるというものです。
でもその案内書類にはそれ本来の詳しいことは書かれておらず、
携帯の受信や操作方法ばかりがたくさん書かれているのみ。
なので、正直に疑問に思ったことを市の教育委員会に
メールにて問い合わせてみました。

教育委員会殿

突然ですが、標記について教えて下さい。
先日、子供の通っている小学校より本システム利用の案内がありました。
生徒の安全を確保するため素晴らしいシステムだと思い、
ぜひ利用したいと考えていますが、下記3点ご教示ください。

登録申し込み用紙に「申し込みのあるメールアドレスは、
システム以外にはいっさい使用しません。」とありますが、
それはどのように保証されるのでしょうか。

また外部に漏れた場合の責任はどうなりますか。
どうやって情報を回収するのでしょうか。

学校から保護者への配信例として不審者情報が挙げられていますが、
どうやって正確な情報だと判断するのでしょうか。
例えば大人が子供に道を聞いただけで誤って不審者と判断され、
情報だけが独り歩きし、
逆に市民の不安感を増すということはありませんか。
正確な情報の判断基準は何でしょうか。

以上、よろしくお願いします。


メールを送って一ヶ月経ちますが、音沙汰無し。
とりあえず、受け取った旨だけでも返信あってもいいと思うのですが。
このまま無視されてしまうのでしょうか。

話は変わりますが、我が家の前には小さな用水路が流れています。
近くで子供が遊ぶと落ちて危ない、
通行人がゴミを捨てるなどの理由で、最近では
コンクリートなどの蓋をしてしまうことが多いように思います。
でも家の前の用水路には蓋がありません。
そこでは田植えの水を引いたり、おじさんが長靴を洗ったり、
暑い日には近所の子供たちが水遊びをしたり魚を捕まえたり。
その横には近所の大人がその光景を温かく見守り
皆で挨拶をし声をかけ合います。

最近の世の中、何でも蓋していないか、と思うのです。

|

« ふじ丸 | Main | アルバムに貼付けてみる »

育児」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/10225844

Listed below are links to weblogs that reference 地域コミュニティー:

« ふじ丸 | Main | アルバムに貼付けてみる »