« W杯、オランダ対コートジボアール | Main | W杯、日本対クロアチア »

Jun 18, 2006

マイノリティ・リポート

遅ればせながらテレビ録画していたのをみました。
トムクルーズ&スピルバーグ、2002年作品。
未来の描き方はすげーリアル。
網膜でID認識するのって怖いことです。
話はスピーディーに展開し面白かった。
ただし後半はだるだる。
エンディングは予想がついてしまった。
原作は十数ページの短編SFだそうで。
これに家族愛を取り入れ、個々のキャラクターの背景を描き、
長々とした映画としたのは逆に凄い。
でもライバルのダニーの話はばっさり削っても良かったのでは。
トムクルーズのアクションだけ考えると
MIの方が単純に楽しめたかも。
結局、マイノリティ・リポートは無かったのか?

マイノリティ・リポート

犯罪を予測できる未来。
犯罪予防局の長官アンダートンが、
ある日自分が見も知らぬ人間を殺すと予知されたことを知り、
同僚に追われながらその真相を突き止めていく。

|

« W杯、オランダ対コートジボアール | Main | W杯、日本対クロアチア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/10581333

Listed below are links to weblogs that reference マイノリティ・リポート:

« W杯、オランダ対コートジボアール | Main | W杯、日本対クロアチア »