« W杯、オランダ対アルゼンチン | Main | 1/100 MG ガンダム »

Jun 23, 2006

W杯、日本対ブラジル

86年大会はマラドーナに熱狂し、
サッカーの楽しさを知りました。
何人抜きが出来るか、なんてよく真似をしたものです。
94年大会はどうしても自分の目で見たくて
海外なんて行った事も無いのに借金をしてアメリカに。
10万人の観客は国籍も様々でまるでお祭り騒ぎ。
これがワールドカップなのか。
みんな自国を応援して楽しそう。
自分の国の代表が出場できたらどんなに嬉しいだろう、
と思いながら観戦しました。
そしてフランス大会、日韓大会。
W杯のピッチに立つ日本代表を応援するのは
こんなにも興奮し、楽しいものだったのか。
ちょっと前には日本が出場できるなんて夢の様だったのに、
少なくとも前半は王者ブラジルと互角の戦い。
日本のサッカーは確実に強くなっている。
次の世代、またその次の世代と
もっともっと我々を楽しませてくれると思う。
これまで何度もW杯予選で悔しい想いをしてきたのが
3大会連続出場に繋がったように、
今大会の結果もきっと将来の強豪国日本の礎になるでしょう。
でも、正直、ブラジルからもう1点、取るとこ見たかったな。

|

« W杯、オランダ対アルゼンチン | Main | 1/100 MG ガンダム »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

いやいや前半互角は言いすぎやろ。ただ、日本が強くなっているのは確か。中田が言ってたように世界はそんなに甘くないということを身をもって感じただろうし、次の世代が楽しみ。田中達や松井、安部、闘莉王に期待。野洲高校連中の将来もちょっと楽しみ。

Posted by: Kantoku | Jun 23, 2006 at 11:13 PM

いやいや前半はマジ、ブラジルも攻め手を欠いていたって。
日本は確実に強くなっていますって。
子供の時、スタジアムに応援しに行って
日本代表が来日したクラブチームにぼろぼろに負けていた。
あの頃は悔しかったものです。
でも、今はそんな事は無い。
でも、王者ブラジルとの力の差は歴然。
あと、精神的な弱さがある事も否めない。
確か、日本サッカー協会は
2015年までに世界ランキング10位以内、
2050年までにW杯優勝を公約していたはず。
次の世代、その次の世代に期待して
死ぬまでには現実になってほしいなあ。

Posted by: やすなり | Jun 24, 2006 at 05:14 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/10641952

Listed below are links to weblogs that reference W杯、日本対ブラジル:

« W杯、オランダ対アルゼンチン | Main | 1/100 MG ガンダム »