« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

Aug 29, 2006

チャーリーとチョコレート工場

Choco-Factory

家族揃ってDVDを見ました。
嫁と子供たちは先に本を読んでいたのですが、
原作とはちょっと違った結末も楽しめたようで。
ティム・バートン監督の作品は勿論好きですが、
主演のジョニー・デップはこれまたすごい。
作品毎に印象が変わります。
もっとすごかったのがウンパ・ルンパ。
当分、頭から離れない。

Oompa

子供たちも音楽、ダンス、映像と楽しめた様子ですが、
あのブラックユーモアがどう映ったのでしょう。
今日のおやつは板チョコかなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 27, 2006

サンフレ青山選手、初ゴール

サンフレは昨日の鹿島アウェー戦で勝利し連敗を脱出しました。

アウエーで鹿島狩り 青山、超絶35メートル弾(中国新聞)

後半始まってすぐにMF青山がロングシュートを決めて先制!
青山選手と言えば、岡山・作陽高校出身で、
2002年の県大会決勝でもロングシュートを決めて全国へ・・・
のはずだったのですが、明らかな誤審でノーゴール。
幻のVゴールとなり、結局、PK負け。
そうとう悔しい思いをしたと思うのですが、
昨日の副審は、偶然にもその県大会の主審!
当時は、わだかまりもあったかと思いますが、
昨日はJリーグ初ゴールの試合を終えて、
副審から声をかけられ笑顔で返答したそうです。
ますます青山選手のファンになりました。
今後の活躍にも期待大。

サンフレ公式HP 選手紹介
明日を担う新人トリオ(中国新聞)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 25, 2006

我が家も発火バッテリー?

PC Watchの記事を読んでびっくり。

アップル、iBook G4/PowerBook G4のバッテリを回収
〜ソニー製バッテリで発火の恐れ

連日のバッテリー発火問題、我が家のiBook G4も対象?
ニュースを見た嫁さんも心配して、はやく確認してくれと。
で、恐る恐る裏を開き、
バッテリーを取り出して番号を確認すると・・・
おおー、違った。良かった。
ソニー製のバッテリーが発火の恐れありとのことですが、
我が家のは台湾製と書いてありました。
ソニーは日本製?

日本の公式ページはココ。
バッテリー交換プログラム - iBook G4 および PowerBook G4

パソコンに限らず、最近、こんなリコール話多いですよねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/144 HGドムトルーパー購入

またまた購入。グフに続いてドム。でもシード版。

P1020861

ドムはよく知っててもドムトルーパーは見たこと無い。
早くDVD見なければ。
3機登場し、ジェットストリームアタックもするらしい。
でも一個しか買っていません。
ガイアのように「俺を踏み台にしたぁー?」とか言うのかな。

P1020900

で、さっそく仮組完了。
このあと色を塗りたいと思うのですが、
明るい紫でなくグレー系とかどうでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 21, 2006

山際淳司「スローカーブを、もう一球」

延長の末、再試合となった高校野球決勝戦を見ました。
早稲田実業の斉藤投手と駒大苫小牧の田中投手、
天才高校生の投げ合い、見応えがありました。
でも、参加した四千校の殆どの高校生球児は普通の子なんだろうなあ、
なんてことを考えながら見ていました。

404154002X.09

表題となっているこの短編では、
普通の高校生投手がのらりくらりと勝ち進み甲子園出場を決めます。
ごく普通というか、むしろ惰性で野球を続けている。
なのになぜかさわやか。
この作者の話はきちんと取材されていて公平さがあり、
それ故に心動かされるところがあります。
昔、テレビのスポーツキャスターをしている時も
批判だけでない気がして好感が持てました。
8編の作品が収められているのですが、
江夏以外はマイナースポーツやほとんど無名の選手ばかり。
でも、その一瞬一瞬に惹き付けられます。
もちろん、カープ優勝を描いた「江夏の21球」も名作です。
何度読んでも気持ちのよい一冊です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 20, 2006

スニーカー購入

長年愛用していたスニーカーの靴底がベロンとなりリタイヤ。
新しいのを探していたのですが、
やっぱりクラシカルなものに落ち着きました。
ちなみに現在、他にはスタンスミスやエアーフォース1を愛用。

P1020858

購入したのはパトリックキュベックです。

クラシックスタイルのテニスシューズがデザインの
モチーフとなっています。
アッパー部分に通気性を持たせるパンチングに加え、
2本ラインもパンチングで表現されています。
トリコロールのピスネームをアクセントに、
素材はシンプルなスタイルが映えるステアのスムースレザーです。

学生時代に履いていたのですが、再び。
ちょこんとついた三色旗がいい感じ。
中学生のときには二本ラインのサッカースパイクも履いて、
Pマークのキーパーグローブもはめていましたが、
パトリックってなに?って感じでした。
長年履けるよう大事にしようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 15, 2006

夏休みの思いで

P1020496
えいすけと昆虫館に行って世界のカブト、クワガタを見ました。

P1020557
角島大橋とエメラルドグリーンの海はとても綺麗でした。

P1020542
まどかは初めての海でした。

P1020619

P1020684
秋吉台サファリランドにも行きました。

P1020709
花火もしました。

P1020743
広島市民球場に行ってカープを応援しました。


ああ、楽しい夏休みが終わってしまう・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 14, 2006

安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN (9)(10)(11)(12)」

以前、借りて読んだ(1)〜(8)巻に続いて
夏休みに(12)巻までを一気に読む。
ここまではオリジナルストーリー通りでジャブローまで。
ここからは外伝的お話。
Origin09

シャアとセイラ、その知られざる過去とは−−!

Origin10
シャア・セイラ編、衝撃の後編突入!

Origin11
シャア、ついにジオンヘ.「開戦編」突入!

Origin12
ギレン・ザビ総帥 ついに宣戦布告!

外伝になると俄然、面白い。
シャアってホントに怖い人だ。
それに比べてドズル兄貴、あんたはいい人や!
本物のシャア・アズナブル、可哀想すぎる。
それと登場人物の階級やガンタンクの量産化など
細かな点でアニメの不自然なとこを修正しているのも
好きな人には好感が持てるのだろうなあ。
続きが楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/144 HG グフイグ

P1020855

P1020845

西川グフのままでは明るいオレンジ、
ヨワッちいのでシャアザク色にしました。
これで能力3倍です。
写真を見ると赤ですが、
実際はもっと暗い小豆色です。
色合いを上手く写せない、むむむ。
さて、次は何を作りませう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 03, 2006

へこみ?

Fancargo

信号待ちなどで後ろに並んでいて、いつも思うのですが、
ファンカーゴのリアバンパーの右だけにあるへこみって何?
初めて見た時は電柱にぶつけた?と思っていたのですが、
ファンカーゴを見る度にどれも右だけへこんでいる。
これってなんのためですか?
リアシートの折りたたみとか関係あり?
乗ってる人、知ってる人、教えて下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 02, 2006

WBAライトフライ級王座決定戦

ボクシング亀田3兄弟のお兄ちゃんの世界初挑戦をテレビ観戦。
フライからひとつ落としたお兄ちゃんと
ミニマムからひとつ上げたベネゼエラ選手との戦いでしたが、
どちらも脚を止めて撃ち合う面白い試合でした。
結果は判定で日本人3人目の十代の世界チャンピオン誕生。

でもね、1ラウンドにダウンを奪われたり、
最後の方では脚が止まってクリンチを繰り返しゴングに救われたり、
内容的には完敗だったのでは。
相手のベネゼエラの選手は経験豊富らしく巧かった。
判定勝ちと聞いた時はちょっと信じられなかった。
いいのかなあ、これで。

亀田3兄弟を見てきて、今まで思ってきたこと。
メディアがビックマウスの裏に隠された
努力を美化し過ぎているのでは。
彼のボクシング自体は好きなのですが、周りの騒ぎ方が好かない。
もちろん、このボクシング低迷時代に
彼への期待の大きさは、はかり知れないとは思うのですが。
現在、日本人チャンピオンが他に5人もいるのに
テレビ中継さえ、されないのは異常なくらい不人気。
総合格闘技にとられちゃってるのかなあ。

今日は後味が悪かったけど、
今後の試合でその真価を見せてほしいと思います。
でも十代の男の子に日本のボクシングの未来を
すべて背負わせるのって酷ですよねえ。
がんばれ、亀田こーき!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »