« スニーカー購入 | Main | 1/144 HGドムトルーパー購入 »

Aug 21, 2006

山際淳司「スローカーブを、もう一球」

延長の末、再試合となった高校野球決勝戦を見ました。
早稲田実業の斉藤投手と駒大苫小牧の田中投手、
天才高校生の投げ合い、見応えがありました。
でも、参加した四千校の殆どの高校生球児は普通の子なんだろうなあ、
なんてことを考えながら見ていました。

404154002X.09

表題となっているこの短編では、
普通の高校生投手がのらりくらりと勝ち進み甲子園出場を決めます。
ごく普通というか、むしろ惰性で野球を続けている。
なのになぜかさわやか。
この作者の話はきちんと取材されていて公平さがあり、
それ故に心動かされるところがあります。
昔、テレビのスポーツキャスターをしている時も
批判だけでない気がして好感が持てました。
8編の作品が収められているのですが、
江夏以外はマイナースポーツやほとんど無名の選手ばかり。
でも、その一瞬一瞬に惹き付けられます。
もちろん、カープ優勝を描いた「江夏の21球」も名作です。
何度読んでも気持ちのよい一冊です。

|

« スニーカー購入 | Main | 1/144 HGドムトルーパー購入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/11544675

Listed below are links to weblogs that reference 山際淳司「スローカーブを、もう一球」:

« スニーカー購入 | Main | 1/144 HGドムトルーパー購入 »