« ガンズ、アルバム?来日? | Main | X-MENファイナルディシジョン »

Feb 21, 2007

「よのなかのルール」その2

Yononakano Rule

第1部に続き、第2部「お金と仕事のルール」の感想。
「大人はなぜ接待をするのか」に始まる中高生向けの経済のお話。
たとえばハンバーガー1個の原価構成とか為替とか。
おっさんが読んでも面白くて復習できる内容です。
中でも興味をひかれたのが住宅の話。
「2階にトイレなど日常生活に必要なものを配置し、
1階は自分の好きなようにデザインしていいとしたら
どんな家にしますか?」
描かれた1階の絵はあなた自身の人間関係を表していると言われると
想像するのさえなかなか怖いことのように思われますが、
子供たちはレゴで好き勝手で楽しい家を作るのと比べて
私はなんて保守的になってしまったのだろう、と感じます。
他にも「団らんのない洋風居間なんて必要か」とか
西洋の「個室文化(個人の自由と責任)」と
東洋の「つづき間の文化(家族の交流と保証)」の比較など
これまで何度となく聞いたような話ですが、改めて再認識。
後半の仕事の話など将来を夢見る青年にはとっても良い内容です。
再就職することがあったら?私も参考にします。
最後の第3部「男と女と自殺のルール」につづく。

|

« ガンズ、アルバム?来日? | Main | X-MENファイナルディシジョン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/14000868

Listed below are links to weblogs that reference 「よのなかのルール」その2:

» 結婚式 ドレス [cafe dairy]
結婚式を挙げたいというのは、やっぱりキレイなウエディングドレスを着たいという憧れからくるものだと思う。私の場合、結婚式を挙げるお金があまりなかったわけだけれど、父の希望だったバージンロードを娘と一緒に歩きたいという願いを叶えてあげたいという思いにこたえるため、結婚式でドレスを着ることにした。結婚式�... [Read More]

Tracked on Feb 21, 2007 at 11:36 PM

« ガンズ、アルバム?来日? | Main | X-MENファイナルディシジョン »