« リスボンその8 ロカ岬 | Main | ダイ・ハード4.0 »

Jul 08, 2007

リスボンその9 帰国

P1060492

パリ経由でまた丸一日かけて日本へ。
ポルトガルは日本にとって歴史的にはなじみ深い国ですが、
それ以上に気候、風土、食事など
日本人に合っているような気がします。
他の西欧人のように自分を前面に出すのではなく
控えめなところも良く似ている気がします。
アフリカ系の人も多くて他国に比べ混血も進んでいる感じ。
結局最後まで典型的なポルトガル人の顔って
よく分かりませんでした。
心残りは値段が高すぎて背番号17のポルトガルチームの
ユニホームを買うことが出来なかったこと。
円安ユーロ高で何を買うにも大変でした。
それを除けば楽しい旅行(じゃなくて仕事)でした。
ポルトガルよ、オブリガード。

P1060692

|

« リスボンその8 ロカ岬 | Main | ダイ・ハード4.0 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ポルトガルにいっていたのねー。
なるほど。スーツケースは必要だね。
リスボンには一度行ってみたいものです。

Posted by: ともり | Jul 12, 2007 at 11:35 AM

ともりさん>
実は行ってました。
仕事でもないとなかなかこんなとこまで行けません。
スペインのおまけみたいな感じでくる
日本人ツアーは結構多いみたいですが、
こんなにゆっくり滞在できた私はラッキーです。
雨降りばかりでポルトガルの青い空が早くも懐かしい。

Posted by: やすなり | Jul 13, 2007 at 09:39 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/15705603

Listed below are links to weblogs that reference リスボンその9 帰国:

» リスボンのケーブルカー [Life with Leica]
CONTAX TVS DIGITAL リスボンには、ローマをまねて、「7つの丘がある」といわれる。つまり坂だらけの町というわけで、ケーブルカーも3線あり、このビッカ線のあたりがもっともリスボンらしい風景といわれているそうだ。 クルマがとまっているのは、この道は生活道路でもあるからだ。坂の下にはテージョ川も見通せる。... [Read More]

Tracked on Jul 21, 2007 at 05:15 PM

« リスボンその8 ロカ岬 | Main | ダイ・ハード4.0 »