« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

Jan 31, 2008

大乱闘スマッシュブラザーズX

Smashbros

えいすけの誕生日プレゼントにかこつけて
スマブラX、買いました!
これ、最高に面白いです。
ただひたすら攻撃して、ステージから相手をぶっ飛ばす。
2分間でたくさん、落とした方が勝ち。
任天堂のキャラがたくさん出てきて子供たちも大喜びです。
アイテムも隠れキャラもいっぱいで楽しい。
とりあえず、ルイージまでゲットしました。
これははまりそう。
操作がWiiっぽくなくてもこの際、関係なし。
そういえば、パワプロはあんまりやっていない。
えいすけに教わってこっちもやりたいのですが、
なかなか時間がありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2008

住宅展示場へ、その2

Pa0 0002A

倉敷に続いて、今度は岡山の展示場へ。
現実離れした大きな家自体には目もくれず、
関心は内装、設備が中心。
色の濃い床材は傷やほこりが目立つ、明るい色は汚れが目立つ。
床に合わせてドアや窓枠等の色を選ぶことになりますが、
木目で白というのもなかなか良かったです。
システムキッチンの天板は、人口大理石でも仕様の高い低いで
2種類あることも教えてもらいました。
その下の収納の多さにもびっくり。
IHクッキングヒーターの実演も見せてもらい、
これだけすぐに湯が沸くならポットは不要?
さわっても熱くないことに子供たちは驚いていました。
これまで住宅展示場に行くと、漠然としていて、
正直、何を見て良いのか分かりませんでしたが、
今回は具体的に見るべきものがあって楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 26, 2008

住宅メーカーへ、その3

20080203-1

今回は、リフォームの大まかな見積もりが出来たということで
三度、住宅メーカーへ。
値段を聞く前に、その前提条件の説明。
屋根は全て、葺き替えるが、元々アスベスト入りなので
撤去作業が割高となる。
2階壁紙は全て張り替え、床は現状の上から貼り直し。
2階窓は、半分は現状のものを使用。
キッチンシンク、洗面、トイレ、下駄箱、屋根裏収納含む。
キッチン食器棚、その他家具は含まない。
で、値段は新築の半分程度と言った所でしょうか。
ここから削るところは削って、足すとこは足していきます。
増築ならではの色々な問題も教えてもらいました。
2階に風呂を追設する場合、風呂場が一段高くなるとか、
フロアーリングを上から貼り足すので、
1階からの階段で最終段が少し高くなるとか。
正式な見積もりはまだということで、
間取りを含めて色々要望、変更。
次回はスケジュールと資金・返済計画について
話し合うことになりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 20, 2008

マンションのモデルルームへ

雪降る中、近所のマンションのモデルルームを見に行きました。
増築、2階平面の間取りを考えるときに、
一戸建ての住宅展示場よりも、
30坪程度のマンションを見る方が近いかも、と考えたからです。
説明が長く、なかなか中を見せてもらえなかったのですが、
返済計算をしてもらっている間に、
やっとモデルルームを自由に見ることが出来ました。
そのマンションは、リビングに面して大きな多目的室があり、
ここを仕切って2つの子供部屋にすることができます。
やっぱり、子供たちがもう少し大きくなるまで
個室を与えない方がいいのかなあ。
となると、間仕切りをどうするのか・・・とか色々考えました。
嫁さん曰く、キッチンはやっぱり対面式が良いそうです。
マンションは、インテリアなどデザインはとっても良いのですが、
大きな梁や柱が目立ちます。
収納も足りないなあと。
階下に住む人への遮音性を考えてのことでしょうが、
床がゴムみたいでふわふわなのが気になりました。
今回、初めてマンションを見に行きましたが、
色々勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 19, 2008

住宅メーカーへ、その2

20080119

先週末、お願いした2階増築の間取り案が
出来たという知らせを貰い、再び住宅メーカーへ。
2階部分を増やすのですが、調査してもらった結果、
地盤補強もしてあるし、
下の1階部分の新たな構造補強も必要ないとのこと。
希望していた間取りは、3LDK、水回りに加えて1階とは別の玄関も。
大まかな配置は、イメージしていたもの通りだったのですが、
いくつか困った点があります。
外階段を上がって、家に入ったらいきなり洗面所?
会社から帰ったら”ふりちん”の家族がお出迎え?
北東の階段配置も敷地が狭過ぎて毎日使うには問題あります。
やっぱり、きちんとした玄関が欲しい。
西側増築部分の洋室2つもこんなに広くなくて良いので、
その分、多くの収納が欲しいです。
今でも、モノがあふれて困っているのに。
どうしても外せない構造パネル(壁)があるので、
なかなか自由に間取りを決めることは出来ないのですが、
楽しみながらじっくりと考えていきたいと思います。
とりあえず、その場で直してもらった間取りで
大まかな見積もりを出してもらうことになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 14, 2008

住宅展示場へ

20080114

家のイメージを湧かせるため、
今日は近所の住宅展示場へ行きました。
4つの住宅メーカーの家を見ましたが、
どれも大き過ぎて実感としてよく分からず。
強いて言うなら、Pホームの展示場が参考になりました。
完全独立型の2世帯住宅で二階部分が子世代。
リビング→主寝室→納戸→家事室→リビング(台所)
というぐるりと回る動線が良かったです。
こんな間取りがいいなあ。
色々な家を見て、他に気に入った点。
私は、珪藻土の壁や無垢材のフロアーリング。
嫁は、リビングに面した対面型キッチン。
今度は、モデルハウスじゃなくて
新築見学会などを見に行く方がいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カープカレンダー、1月

P1070659

1月は、前田選手。
「怪我をしてチームの足を引っ張った
こんな選手を応援してくださって
ありがとうございます」
いえいえ、
昨シーズンは前田選手を応援するのだけが
楽しみだったような。
今シーズンも楽しませてください。

カープは、黒田投手、新井野手が去り、
サンフレは駒野選手がいなくなってしまいました。
でも、その分、他の選手の台頭や
新しい選手の活躍もあるということで
そちらに期待したいと思います。
両チームには、今後もいい選手をいっぱい育てていただきたい。
そして、代表クラスになったら出て行ってしまうのか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2008

住宅メーカーへ

20080113

善は急げ、ということで親が建てた住宅メーカーへ。
親の家は、一階部分に和室が2つあり、この部分が平屋。
今のまま、私たち家族4人が二階に住むには狭いので、
この和室2部屋の上に二階を増築する必要があります。
でも、住宅メーカーの人に聞くと、
リフォーム増改築の中で、このパターンが一番値段が高くつくと。
つまり、平屋部分の屋根を取り外して、二階を作る。
部分的に下部構造の補強が必要になる。
この和室部分は構造を残して、ほとんどやり直しになるかも。
二階部分の屋根も外観・連続性を保つように一部作り直し。
しかし、その総予算は新築一戸建ての半分から2/3程度。
一戸建てを考えていたので、十分、可能性のある値段。
とりあえず、現状の家の図面をチェックし、
増築案がどこまで出来るのかをはっきりして、
10日程度で簡単な間取りの提案と予算を連絡してくれるとのこと。
楽しみにして待つことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2008

マイホーム計画、始動

4886

30代半ばの男、嫁、子供男女1人ずつ、4人家族、アパート暮らし。
子供も小学校にあがり、そろそろ夢のマイホームをと思うものの、
なかなか具体的な話にはならず、ここまできました。
長年目当てにしていた場所があったのですが、
いろいろあって、残念ながら断念。
それを機会に近くに住む両親から、二世帯住宅を提案され、
嫁と一緒に真剣に考えることにしました。
両親の家は、十年ちょっと前に建てたもので、
この二階部分をリフォームして私たち子世代の住まいにと。
これなら土地代は浮くし、その分、たくさんの夢を形に出来るかも。
急に、マイホームが現実味を帯びてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 07, 2008

プルートウ(5)

P1070658

毎年一回、年末の発売になりましたねえ。
浦沢作品の展開からいって、10巻くらいは続きそう。
月一連載なので、完結まであと5年はかかるのでしょうか。
今回はついにヘラクレスが。
残るロボットは、ゲジヒト、エプシロン。
アトムの復活やウランちゃんの活躍も気になりつつ次号へ。
なんだか、例えばプルートウ対ゲジヒト、
その他多くの作中で対立、対峙しているもののように
浦沢氏が手塚治虫に挑んでいる、
著者自身に挑んでいる姿勢が感じられて面白い。
そういえば、20世紀少年も実写映画化されるそうで楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 06, 2008

広島アスリート1月号

あけましておめでとうございます。
正月は広島に帰ってお酒ばっかり飲んでいました。
帰ったら大概、広島アスリートを買います。
広島でしか売っていない、地元スポーツ雑誌です。

Athlete0801

サンフレ、J2降格に関する選手のインタビュー目当てだったのですが、
カープ関連で気になる記事が2つ。
まずは巻頭、二宮清純さんの「カープ復活への提言」。
要約すると、

多額の巨人戦放映権はすでに無く、
FA制度導入にて球団格差は大きくなるばかり。
02年金本がFAでチームを離れ、07年新井も流出。
FA防衛策が出来ていない。
チームに危機感が足りない。
強くなるためには、
経営面から変えていかなければならない。
増資計画を立て、資本増強。
例えば、第三者割当増資。
パリーグの広い球場に対応した交流戦のオーダーを。
それが将来の新球場のオーダーとなる。

中でも印象的だったのが、福岡の事例。
西鉄が所沢に移り、なくなってから初めてその大切さに気づく。
福岡はダイエーを迎えてからは本当に大事にしている、と。
広島もそうなならないか、本当に心配です。
新球場問題を見聞きすると、大事にしているとは思えないのです。
そこでもうひとつの気になる記事は「Save My Carp」のコラム。
「なぜふたつの新球場が生まれてしまったのか?」

New Ballpark 01

06年9月のコンペ案では、
鯉が泳ぐ姿をイメージした大きな屋根があります。
県外に住む私は、今着工している新球場は
09年にこれが出来ると思っていました。

New Ballpark 02

ところが、07年11月に広島市から発表された新球場案は
屋根なんか全然無ーし。
屋根付き巨大なスロープも見当たらず。
県外なら新球場はドームだと思っている人も多いのでは。
案は案として、お金が用意できる範囲で
実現させるのが、市の説明なんだとか。
ならば、コンペなんかする意味があるのでしょうか。
球団も市も初めから金を出さないと言うか、
両者の話し合いはどこまで出来ていたのでしょうか?
まるで近所のチボリ公園問題みたい。
先に土地利用ありきで、作る前は上手いこと言って、
戻れなくなった段階で、いろいろ問題が出てくると逃げる。
こんな行政に税金をまかせるのに不安を感じます。
借金ではなく、もっと市民や子供たちに夢を与えて欲しいと、
正月早々、感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »