« 養老孟司、宮崎駿「虫眼とアニ眼」 | Main | クラブワールドカップ2008、3位決定戦、決勝戦 »

Dec 21, 2008

天皇杯準々決勝、サンフレ対レイソル観戦

えいすけと一緒に桃太郎スタジアムへ。
岡山でサンフレ観戦するのは初めてです。
えいすけは、チーム設立時のユニフォームを着て、
私はマフラーを振って応援しました。

P1090606

P1090608

P1090604

結果は残念ながら延長の末、2対3で負けてしまいましたが、
生で見るサンフレのパス回しは素晴らしいの一言。
どの選手も中盤から前線へダイレクト若しくはワンタッチで
どんどんパスを繋いでいきます。
そして寿人選手のくさびを経て2列目、3列目からのシュート。
Jリーグで見ていて一番面白いチームではないでしょうか。
先日のクラブワールドカップのマンチェスターUもそうですが、
攻撃的な素早いパス回しをするサッカーが大好きです。
寿人選手のオーバーヘッド気味のシュートや
柏木選手のボールタッチなど見所満載でしたが、
難を言えば、今回は簡単に点を取られ過ぎでした。
後半すぐの槙野選手のシュートは、ライン際で見ていた
私たちからははっきりとゴールラインを割ったように見えましたが、
判定はノーゴール。
今回、家本主審だったからちょっと嫌な予感はしていたのですが。

P1090629P1090635

地元、倉敷出身の二人も大活躍してくれました。
背番号6の青山選手と16の李選手。
二人とも運動量が豊富で延長になってもずっと走り回っていました。
今後もがんばれ!

とにかく、レベルが高くて、見ていて楽しい試合でした。
来年はカープだけじゃなくてサンフレも応援に行こう。

猛攻サンフレ延長で涙 4強ならず(中国新聞)

0—1の前半6分、広島はFW佐藤寿が決め同点。その後、連係ミスから1—2とされたが、26分にも再び佐藤寿が決めて食らいついた。後半は決定機をつくったがゴールを割れなかった。柏は延長前半9分、途中出場のFWフランサが決め、勝ち越し。そのまま逃げ切った。

|

« 養老孟司、宮崎駿「虫眼とアニ眼」 | Main | クラブワールドカップ2008、3位決定戦、決勝戦 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8750/43482115

Listed below are links to weblogs that reference 天皇杯準々決勝、サンフレ対レイソル観戦:

« 養老孟司、宮崎駿「虫眼とアニ眼」 | Main | クラブワールドカップ2008、3位決定戦、決勝戦 »