« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

Mar 31, 2009

メルボルンその5 昼食

観光しておらず、あまり書くことが無いので
こちらでいつも食べている昼食を。
中華のテイクアウトで、
チャーハンにおかずをのせたもの。
スモールサイズですが、おなかいっぱい。
毎日、お日様の下で頂きます。
6.5オーストラリア・ドル也。

R0011985

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 30, 2009

メルボルンその4 F1動画

昨日の続きです。
F1観戦の動画をアップします。
うるさいので、注意。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 29, 2009

メルボルンその3 F1観戦

R0011923_2

やっとお休みです。
今日は現地の人に誘われてF1観戦です。
トラムに乗って会場のアルバートパークへ。
F1の始まる夕方までは、様々なレースが行われます。
フォーミュラーあり、V8スーパーカーあり、ミニあり。
ハンデを付けたBMW対V8対F1というのもありました。

R0011954_2

選手のパレード、グリッドフォーメーションの後、
爆音とともにF1レースがスタート。
期待のウィリアムズ・トヨタの中嶋JR.は、
じわじわと順位を上げ、表彰台に手が届く?
と思ったとたんにクラッシュしてしまい、残念。
結局、ブラウンGP・メルセデスが1,2フィニッシュ、
優勝したバトンは終始危なげなくゴールしました。
初めての生観戦でしたが、面白かったです。
現場工事の耳栓が役に立ちました。

R0011981_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 26, 2009

メルボルンその2 滞在先のホテル

朝早く職場へ向かい、夜遅く帰宅。
なので、日中の街中の様子はよく分からず。
泊まっているところは、アパートメントタイプ。
玄関があって、台所、リビング、寝室、更衣室、そして浴室。
台所用品がそろっていて、テレビも2台あるのに、
あればいいナと思う洗濯機がない。
とにかく、一人では広すぎます。

R0011863

R0011864

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 25, 2009

メルボルンその1 到着しました

夕刻に関空を経ち、香港で乗り換え、
アデレード経由でメルボルンに着きました。
時差はサマータイムなので2時間早い。
日中は良く晴れて日本より暖かい。
南半球なのでこちらは初秋です。
さっそくこちらの事務所で仕事。
仕事終わりにカンボジア料理を食べて、
タクシーで中心部のアパートメントホテルへ。
写真はフリンダース・ストリート駅。

R0011857


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 22, 2009

チボリ公園の観覧車

Imgp1719

年末に閉園して早3ヶ月。
遊具はまとめて東京の業者に買い取られるそうです。
外から見る限り、チボリという看板は全て無くなり、
観覧車はゴンドラが取り外され、スポークも徐々に。
そして、今では支柱だけに。
建物の周りも解体のためか、足場が組まれています。
やっぱり最後は何もなかったように
平地になってしまうのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2009

小川洋子「アンジェリーナ」

Angerina

副題は「佐野元春と10の短編」。
猫を抱いて象と泳ぐ」が良かったので、
他の作品も読んでみようと探していたら、
佐野元春の名があったので、思わず。
曲から作者が想像した物語、十編。
中でも表題作の、駅のベンチで拾った
ピンクのトウシューズに恋した僕の話が好きです。
それに「バルセロナの夜」も。
曲に対する私の妄想?とは違うけど、逆にそれが面白い。
佐野元春の歌詞と曲はいろいろイメージし易いのかもしれません。

収録作は以下。
アンジェリーナ、バルセロナの夜、
彼女はデリケート、誰かが君のドアを叩いている、
奇妙な日々、ナポレオンフィッシュと泳ぐ日々、
また明日・・・、クリスマスタイム・イン・ブルー、
ガラスのジェネレーション、情けない週末

Motoharuradioshow

そう言えば、NHK FM
3/31の夜からあの元春レイディオ・ショーが復活するそうです。
昨日のテレビのインタビューでは、スタジオ内で
マイクロフォンを前に Less Talk, More Music!と。
楽しみですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2009

ルパン三世vs名探偵コナン

缶コーヒーのおまけの次元。

Imgp1653

3/27に「ルパン対コナン」が放送されるそうで。
どっちが勝つの?というよりも
あの三頭身とルパンが同じ絵に収まるのか、
違和感ありまくりではないのか?
そっちの方が気になります。

金曜特別ロードショー「ルパン三世vs名探偵コナン」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 15, 2009

道後温泉

Imgp1734

会社の旅行で松山に。
瀬戸大橋を渡って、まずはアサヒビール四国工場に。
昼食はここで生ビールとジンギスカン。

Imgp1758

Imgp1765

夜は道後温泉で、お湯と美味しい料理、お酒を頂く。

Imgp1778

翌朝、眠い目をこすりながらロープウェイで松山城へ。
ひこにゃんにも似たこのゆるキャラはだれ?

Imgp1807

本丸の茶屋で休憩、坊ちゃん団子セット。
赤、白、薄茶は、イチゴ、ミルク、カフェオレ味のマドンナ団子。
坊ちゃん団子はどこの土産屋でも売っていますが、
マドンナ団子は松山を離れると見当たらず。

Imgp1828

続いて今治のタオル美術館ICHIHIROへ。
庭園では青空の下、結婚式が行われていました。
はじめは美術館という意味が分からなかったのですが、
タオルで絵画を複製していたり、タオルアートがあったり。

Imgp1848

帰りはしまなみ街道を通って。
途中、大三島で降りて一人すもうで有名な大山祇神社に。
時間不足であまりゆっくり出来なかったのが残念。

さあ、リフレッシュして明日からお仕事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2009

小春日和

Imgp1521

多少、風が冷たく感じることもありますが、
確実にひと雨毎に暖かくなって来ています。
日中は暖房がなくても過ごしやすい。
特に今日はポカポカでした。
こんな日は仕事なんぞせずにひなたぼっこがしたい。

Imgp1605

はやく来い来い、暖かい春。
寒いのは苦手。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2009

プルートウ(7)

Imgp1731

今回の表紙はエプシロン。
やっぱり色々忘れているので、
これまでの話を読み返してから読み始める。
プルートウの正体も分かって、
ついにアトムが復活しました。
確実にエンディングに近づきつつあります。
次で完結とのことですが、
全ての疑問が明らかになるとは思えないのですが。
・ボラーとは何か?もしかして手塚治虫版通り?
・ボラー同様、ゴジ博士も?
・ルーズベルトと呼ばれるぬいぐるみの関わりは?
・ゲジヒトの過去には何があったのか?
・結局のところ、7体の世界最高水準ロボットの殺害、
 ボラー調査団の元メンバーが狙われる理由は?
とにかく、続きが気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 09, 2009

岡山空港

Imgp1558

岡山空港に隣接する日応寺自然の森にて
飛行機の離発着を撮影してみました。

Imgp1562

中国東方航空だそうです。
塗装が派手で可愛い。

Imgp1595

入れ替わりに降りて来たのも中国機。

Imgp1635

こちらはいつもお世話になっているANA、東京行き。
なかなか迫力ある写真を撮るのは難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 08, 2009

倉敷雛めぐり

Imgp1700

美観地区で毎年行われています。
商店街の店先や町家にもたくさん雛人形が飾られていました。

Imgp1679

阿智神社には面白いのがいっぱい。

Imgp1693

竜宮城までありました。

Imgp1712

大原美術館横の新渓園にて。
ここには吊り雛も。
なんだか、わらべや木目込みが多かった様な気がします。
倉敷地区の特徴なのでしょうか。

Kurashiki-Hina2009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 07, 2009

日本パワー解禁

Imgp1652

今日のWBC、日韓戦は盛り上がりました。
まさに日本パワー解禁!
これからも何度か対戦すると思いますが、
次はどうなるか分かりません。
だから野球もサッカーも日韓戦は面白い、力が入る。

Imgp1650

Jリーグも開幕し、J1復帰のサンフレもマリノスに快勝。
明日のJ2初試合のファジも頑張れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2009

小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」

Nekowodaite

印象を一言でいうと、とてもきれいです。
リトル・アリョーヒンと呼ばれ、美しいチェスの棋譜を好む少年。
デパートの屋上から降りられなくなった象のインディラ。
チェスをさすときはいつも一緒だった猫のポーン。
家と家の隙間に挟まれてミイラになった少女。
太り過ぎてバスから出られなくなってしまったマスター。
美しく哀しい上質の小説でした。
初めて著者の作品を読みましたが、
気に入ったので、他のものも読んでみたいと思います。

文藝春秋 | 『猫を抱いて象と泳ぐ』特設サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »