« メルボルンその43 帰国しました | Main | 9/21カープ、ヤクルト戦 »

Sep 19, 2009

木下半太「悪夢の観覧車」

Akumunokannransya

タイトルの観覧車に惹かれて読んでみました。
天保山の観覧車が舞台の誘拐サスペンスです。
観覧車の爆破予告、死角ゼロの観覧車での身代金の受け取り。
各キャビンに乗り合わせたそれぞれの客の関係が繋がって行く。
観覧車というよりジェットコースターのような展開。
他の悪夢シリーズも読んでみようかな。

|

« メルボルンその43 帰国しました | Main | 9/21カープ、ヤクルト戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ちょうど先日悪夢のエレベーターを書店にてひまつぶしに立ち読みしました。
悪夢のエレベーターは映画化されたようですが、作者の最初の作品なので・・・たぶん3作目?の悪夢の観覧車の方がおもしろいと思います。
そちらはまだ読んでいませんが。
プロローグをとばして読んだらおもしろかったのかも・・・と読み終わったあとで思いましたわ(^^)

Posted by: ともり | Sep 22, 2009 at 10:29 AM

ともりさん>
Amazonの批評を読むと、
エレベーターを読んで面白かった人は
この作品も良いと言っていますね。
私は言い方は悪いけど、時間つぶしには最適
(読み易い、簡単に楽しめる)だと思うので、
機会があれば、他のも読んでみようかと。

Posted by: やすなり | Sep 22, 2009 at 03:39 PM

The comments to this entry are closed.

« メルボルンその43 帰国しました | Main | 9/21カープ、ヤクルト戦 »