« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

Dec 28, 2009

レイトン教授と永遠の歌姫

Eternal Diva

公開中の同名映画のジュニア向けノベライズです。
まどかにあげる前に自分で読んでみました。
映画では分かり易いのかもしれませんが、
謎解きの面白さがいまいち伝わらない。
二重人格のようなオチも子どもにとって納得できるものか。
謎解きを考えるよりもストーリー展開を楽しんだ方が。
などとウダウダ言うのは私の様な大人だけでしょうか。
でも、あの絵は好きです。

ある日、レイトンのもとに、オペラのチケットが同封された1通の手紙が届いた。差出人は、レイトンのかつての教え子、オペラ歌手のジェニス・カトレーン。 1年前に亡くなった友人ミリーナが、7歳の少女になって現れ、「永遠の命を手に入れた」と言っているという。この不可解な出来事を解明するため、レイトンはルークや助手のレミとともに、オペラが上演される“クラウン・ペトーネ劇場”へと向かうが…。

私の読後、まどかに渡したら数時間、読みふけって
あっという間に読んでしまいました。
大まかなストーリーは事前に話していたのですが、
その集中力にびっくり。
勉強は長続きしないけど、本は好きみたいです。
感想を聞くと、登場人物がごちゃごちゃになった、
最後の方の展開が分かり難かったそうです。
私も同感。

| | Comments (2)

Dec 27, 2009

NewスーパーマリオブラザーズWii

New-Super-Mario

発売直後に購入。
やっぱりマリオでしょう。
家族4人で協力して遊べるのが最大の魅力。
でも子供ばかりで私はあまり触っていません。
なので、えいすけの後ろをついていくばかり。
協力して踏み台になるときがあれば、
仲間が思わぬ邪魔になる事も。
やっぱりマリオに外れは無いなあ。

| | Comments (2)

Dec 21, 2009

カラオケJOYSOUND Wii

Joysoundwii

マイク付きのソフトも発売されていますが、
購入したのはダウンロードするタイプのWiiウェア版です。
ネット情報では、オリジナルのUSBマイクでは
自分の発した声とテレビから聞こえる声がずれるとのことでしたが、
今回のマイクDXではそれが改善されたとの事でこちらも購入。
実際、なんの問題もありませんでした。
24時間歌い放題で300円なので、
カラオケボックスに行く事を考えれば格安。
5万曲以上のオンラインカラオケ、新曲もいっぱい。
カラオケボックスに劣る点は質ぐらいかな。機能はこれで十分。
逆に自分たちのMiiが歌っておどるのは
カラオケボックスにない楽しさです。
結構、はまります。
でも家の中で大声を出し、しかもシラフで歌うのは恥ずかしい・・・

| | Comments (2)

Dec 20, 2009

FIFAクラブワールドカップUAE2009

Fcwc2009

先週はまったく見る余裕が無かったのですが、
昨晩の3位決定戦と決勝戦は見ましたよ。
特に決勝戦は好ゲームでした。
南米王者のエストゥディアンテスと欧州王者のバルセロナ。
おっさん世代としてはベロンの肩を持ってしまいますが、
やっぱりメッシのための大会でした。
いやー、面白かった。

| | Comments (0)

Dec 14, 2009

ヤッターマン

先日、レンタルして観ました、実写版ヤッターマン。
映画自体は家族みんなで楽しむ事が出来ました。

Yatterman

で、桜井君はかっこいいねぇと。
主題歌のbelieveもいいねぇと。
最近、我が家では嵐が大人気です。
テレビ番組「ひみつの嵐ちゃん!」によると
嵐の人気カラオケ5曲は、
Love So Sweet、One Love、A・RA・SHI、truth、WISH。
Beautiful daysやHappinessは入っていないのねん。
それにしてもbelieveのラップはムズイ。
意外と大野君は演技も歌もうまい。
・・・ヤッターマンの話はどこに行った?

| | Comments (2)

Dec 13, 2009

伊坂幸太郎「終末のフール」

Hillstown

最近、伊坂作品ばかり読んでいますが、今度は「終末のフール」を。
今回はミステリーではなく、設定を同じとした8つの短編集。

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

まるで映画”2012”が現実となったような話。
そうなったとき、人々はどう残りの人生を送るのか?
同じ団地に住むそれぞれの主役にそれぞれの生き方があります。
死が決まっているからこそ、生きなければならないと感じます。
決してハッピーエンドでないところが逆に気持ちいい。
それぞれの話は、太陽のシール、籠城のビールといったように
無理矢理とも思えるような韻を踏んでいて、
また、先に出た主役が後の話で脇役として
出てくるところがいかにも伊坂作品っぽい。
この本、連続ドラマ化されたら面白いのでは。
さて、
最後の最後、地球の終わりにすることは何でしょうか?
正解はレンタルビデオの延滞料金を回収にいく事。

| | Comments (0)

Dec 06, 2009

付録の二眼レフカメラで撮ってみた

大人の科学の付録、二眼レフカメラで撮影してみました。
で、現像した結果は・・・

ピンぼけばかり。
特に遠景が上手くいきません。
分解して組み立て直してみるかなあ。
以下は数少ないまともな写真です。

2009Dec06-02-1

2009Dec06-01-1

2009Dec06-05-1

日が暮れてくると、画像が暗い。
これぐらいがぎりぎりか。

2009Dec06-03-1

上からファインダーを覗くので地面すれすれの写真も簡単。

2009Dec06-04-1

美観地区、大原美術館の前で。

2009Dec06-06-1

フィルムを巻くのも手動なので、
逆に巻かずに何度もシャッターを切る事が出来ます。
これは散髪屋のクルクルを写したもの。

とにかく、また再チャレンジしてみます。

| | Comments (0)

Dec 05, 2009

大人の科学Vol.25 35mm二眼レフカメラ

いつも魅力的な付録の多い”大人の科学”ですが、
二眼レフで35mmフィルムが使えて、この価格なので購入。
トイカメラだったら何倍もの値段。

Otonanokagakugif

箱を開けてみると、意外と部品が少ない。
でも、この瞬間が、わくわくします。

R0012765

作ってみて気づいたのは、説明書のバネの名前の誤記。
それにシャッターの組み立て方は、
公式ページの動画を見た方がベター。
シャッターを何度も、かしゃかしゃ、切ってみる。
これだけで楽しい。
作り始めて1時間ちょっとで完成。

R0012769

上からのぞくファインダーは左右反対に写ります。

R0012766

レンズを回してピントを合わせるのが面白いです。

R0012780

まどかのコラショ(ベネッセの通信教育)の付録カメラと一緒に。
二眼レフは黄色に塗ってみました。
さて、プラスチックレンズの映りはいかがなものか。
早速、まどかとカメラを持ってお散歩に出かけました。
出来上がった写真はまた後日。

| | Comments (0)

Dec 02, 2009

福井晴敏「機動戦士ガンダム UC(8)」

Gundam Uc08

遅ればせながら読みました。
副題は、宇宙と惑星と。
ガンダム的に読むと、そらとほしと。
今回の表紙はシナンジュをバックにフロンタルとアンジェロ?
なんだか敵も味方も無くなってきましたが、
気になるのが、シャアが生きているのか?
まだいるとしたら、もう人ではなくなっている?
そしてフロンタルの野望が明らかに。
このままの展開で予想通りの結末になるのか?
ひと波乱、二転三転はあるのかどうか?
いよいよ最終局面を迎えます。
すでに最終巻は発売済み、購入済み。
虹の彼方に、上下巻を早く読もう。

Gundam Unicorn Net

| | Comments (2)

« November 2009 | Main | January 2010 »