« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

Jul 30, 2010

新しいiMac

imac.png

新しいのが出るのを待ち続けて、
待っても待っても出ず、
前のが壊れたのでiMacを買って、
そしたらすぐに新しいのが出た。
ぷちショック。
今度のはプロセッサが新しくなり、
グラフィックスも強化。
まあ、今でも十分速いので満足なのですが。

| | Comments (0)

Jul 26, 2010

Toy Story 3

toy_story3.jpg

子供のリクエストで一緒に見に行きました。
初めての3Dでしたが、
そんなにドーンと飛び出るわけでもなく、
疲れずに見ることができました。
捨てられるおもちゃが云々と言う話は予想通りでしたが、
想像以上に良いお話でした。
完結するシリーズ物としては最高の締めくくり方では。

| | Comments (0)

iPad購入

ポチっとしてから2週間ちょっと、
届いてから1週間ちょっと経ちますが、これいいですよ。

ipad.jpg

嫁子供へのプレゼントのつもりで買ったのですが、
ほんとにiPhoneとiMacの中間って感じです。
ソファーの上で気軽にメールチェック、ウェブ閲覧、
ゲームって感じで使っています。
iMacの立ち上がりはPCの中では早いと思いますが、
やっぱりiPadは早い。家電製品並み。
スリープ解除という点ではスピードは変わりませんが、
机に着くという行為はやっぱり構えるわけで、
家の中で場所を選ばず使えるというのは大きなメリットです。
設定もiTunesを通じて簡単にiMacと同期出来ました。
実際、説明書らしい説明書も付いていません。
これはヘビーなPCユーザー向けではなく、
普段、携帯を使っている人におすすめですね。価格的にも。
子供さんや奥様方、じいじやばあば、いかがですか?

| | Comments (0)

湊かなえ「告白」

kokuhaku.jpg

映画の評判がよく、その原作ということで店頭で手にとる。
まずは先生が告白し、続いてクラスの友達、
というふうに語り手が変わっていく。
どんどん続きが気になって一気に読んたが、
なんだろう、この後味の悪さは。
報道されるセンセーショナルな事件の裏には
私たちが知らないような理由や物語があって
それをみたいが故にページをめくる手が早まるのか。
でもこの復讐劇とそれに関わる人物の思惑の違いは
皆が性善説ではなく性悪説に立っていて救いようがない。
よく構成が練られた作品で関心する。
ただ一点、牛乳パックとHIVの件は
すぐに異を感じて自分の中で冷めてしまった。
次は爽やかな小説を読みたい。

愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。

| | Comments (0)

Jul 12, 2010

W杯、決勝戦

wcup2010.png

ついにW杯が終わってしまう。
オランダ対スペイン。
攻守の切り替えが早いのが両チームの特徴。
パス回しで圧倒するスペインと
切れ味鋭いカウンターのオランダ。
でもスペインの攻撃を止めるのに
あまりにもオランダの反則が多かった。
決勝戦に向けて、トーレスは負けてもスタイルを貫くと言い、
ロッペンは美しいサッカーより結果がすべて、
と言ったそうですが、あの多くのファウルは戦術?
オランダの攻撃サッカーのファンですが、
これで勝ったら嘘だと思いながら見ました。
結果的には延長後半までスコアレスが続き、
最後にイニエスタがゴールをこじ開けました。
今後は皆がスペインのスタイルを目指すのでしょう。

| | Comments (0)

Jul 11, 2010

W杯、3位決定戦

wcup2010.png

ウルグアイ対ドイツ。
地上波の中継はなかったのですが、スカパーで観戦。
W杯の3決は、あまりメダルに拘らず、
守りより攻める試合が見られ好ゲームが多いのですが、
今回もまさにそのとおりで、
両チームの良いところが満載でした。
ドイツはメンバーが大幅に入れ替わってもスタイルが変わらず。
シュバインシュタイガーのブレ球シュートは強烈、
それをミュラーが詰めるところなど今大会のドイツらしい。
一方のウルグアイは固い守りに加えて
フォルラン、スアレスの2トップは創造的で楽しい。
中でもフォルランのボレーシュートは今大会ベストゴールとも言えそう。
今晩の決勝戦も楽しみです。

| | Comments (0)

Jul 09, 2010

W杯、準決勝

wcup2010.png

遅ればせながら準決勝の感想。

ウルグアイ対オランダ。
ものすごく面白い試合でしたね。
やっぱり先制点をとったほうが強いのがW杯。
やった、オランダ決勝だ!

ドイツ対スペイン。
ドイツ有利と思ったのですが、
やっぱりスペインの強さは本物でした。
ドイツは若さ故に負けたかもしれませんが、
今後はすごく強くなるでしょう。

決勝は攻撃サッカー同士。
華麗なパス回し、芸術的シュートに期待。

| | Comments (0)

Jul 06, 2010

炊飯器選び

うちの嫁さんが今、欲しがっているのは炊飯器。
確かに家電店頭で食べたご飯は甘い、旨い。
じゃあ、買おうかと思ったら、
種類も値段も色々あってよく分からない。
だれか、ここに家電芸人を連れて来ておくれ。

で、少し勉強しました。
ガスを除けば、大雑把に分けて以下の通り。
マイコンは、底のヒーターで炊飯、低価格。
IHは、電気でむらなく加熱。
その中でもさらに高級炊飯器が2種あり。
内釜に”圧力”をかけるものは、米の芯まで、短時間でふんわり。
また大火力”スチーム”で旨みを出すものも。
圧力がもっちり?、スチームがすっきり?

内釜については、もう色々有り過ぎて良く分からん。
本炭釜は純度の高い炭素素材、
他にも黒厚鉄釜、鍛造ダイアモンド銀釜、
匠純銅、真空かまど釜、土鍋釜・・・

炊飯方式も色々。
おどり炊き、極上炊き、極め炊き・・・もう書くの嫌。
名前だけでならどれも美味しそうだが違いが分からん。
玄米やおかゆはもちろん、
中には温泉卵や蒸し料理もできる調理機能も。

嫁さんが気にするポイントとしては、内蓋の掃除のしやすさ。
それに蒸気レスも魅力的。
でもどれも意外と大きいので大きさは要チェック。

ecj-xw10a.jpg

とにかくオイラの好みはどちらかというと、固めよりも柔らかめ。
なので、スチームでなく圧力式。
炊きたてを優先するのか、それとも
長い保温時間後にも美味しく食べることを重視するのか、
それも各社考え方がまちまち。
我が家は炊きたて重視。残れば冷凍。

このあたりでメーカーを絞り、
財布と相談しながら機種を決めようと思います。
今度の新製品発売直前で値段が下がる可能性も・・・
ん?いつの間にか、買う気になってる?
嫁さんに踊らされてないか?再考。

| | Comments (0)

Jul 05, 2010

W杯、準々決勝2日目

wcup2010.png

時間がないと頑張ってリアルタイムで見るのですが、
準々決勝まで来ると試合開催が開き
録画してゆっくり見ようと思うと、
逆に見る機会が無くなるのが不思議です。
で、今日はゆっくりアルゼンチン対ドイツを見ました。
やっぱりドイツは強いですね。
今大会は個ではなくてチーム力という気がします。
ドイツは新旧、攻守がバランスよいです。
これでベスト4が出揃いました。
ウルグアイ、オランダ、ドイツ、スペイン。
私のベスト4予想で残っているのはオランダだけ。頑張れ!
大会前の優勝オッズが最も低かったスペインはやっぱり強い。
この中では大穴のウルグアイが勝つか、
それとも欧州開催以外で欧州が勝つのか?

| | Comments (0)

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

od3-02.jpg

週末から公開が始まった”踊る”を観てきました。
単純に面白かったですよ。
これまでのTVシリーズや特番、映画やスピンオフも
欠かさず観ていましたが、
それらを匂わせるシーンが沢山あって思わずニヤリと。
それぞれ昇進、配転していて、新しいキャストも登場。
みんなの個性も出しつつ、話もまとめつつ、上出来では。
だんだん室井さんのシーンが少なくなりますが、
その分、今回、小栗旬が出てきたので良しとする。
ワクさんが居なくなって寂しいですが、
劇中でも甥っ子が登場して跡を継いでいます。
とにかく、時間を感じさせない映画でした。

od3-01.jpg

観終わってからパンフを読んでも良く分からない点が幾つか。
開署式までの3日間に発生する事件って何?8つもあった?
セキュリティ解除に来た人ってだれ?
室井さんが東北弁で何と言ったのか?
これは”へっちゃまげんな”=”余計なお世話だ”、らしい。

| | Comments (0)

Jul 04, 2010

iPadをポチっとしたけぇ

いつ届くのかよぅ分からんけど、
今から楽しみじゃけぇ。

| | Comments (0)

Jul 03, 2010

W杯、準々決勝1日目

wcup2010.png

ベスト8が出揃いました。
すでに私がベスト4予想していたアメリカ、日本は消えてしまいました。
順当といえば順当なベスト8です。
もっとポルトガルのロナウドのプレーが見たかったので残念。

オランダ対ブラジル。
前半はブラジルの巧みなプレーが光る。
簡単に縦に繋ぐパスはもう止められないといった感じ。
前半は0-1でブラジル。
後半に入ってますますプレッシャー、当たりが厳しくなる。
ブラジルのオウンゴールで同点、
CKからオランダが逆転すると、
緊張感のあるプレーが一転、ラフプレーに。
ブラジルから退場者も出て、パスも雑になってしまいました。
綺麗なプレーだけでは勝てない、
物凄い精神状態であるのは理解できますが、
荒れた試合になってしまったのは残念。
優勝候補同士の対決はオランダの勝ち。

| | Comments (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »