« ユニコーン、ほぼ出来上がり | Main | 歴代カープ坊やコースター »

Aug 30, 2010

桐野夏生「東京島」

tokyoshima.jpeg

無人島に漂着した31人の男と1人の女。
島は楽園へ、そして地獄へ。
脱出できるのかどうかが気になるところですが、
それよりも
島での人間関係の変化のほうが気になります。
読んだ男性は、女性ってすげえなあと思うのでは。
最後はまるで序章のようなエンディング。

映画化。つい先日から公開。
原作の性欲部分をどう描くのか不思議に思いましたが、
映画ではこれを食欲に転じているらしい。
グロも笑いに変えて。
サバイバルでなくなっている?

元となる出来事が本当にあったとは知らなんだ。
アナタハンの女王事件

|

« ユニコーン、ほぼ出来上がり | Main | 歴代カープ坊やコースター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

へー。
実際にあった事件だったんですね。
どうりで同じようなモチーフの話を読んだことがあると思った・・・
なるほど納得です。
図書館で予約してみました。
ときに。
エイスケニッキのコメントが反映されないので3回も入力してしまいました。
ごめんなさい。
コメント承認制になったのですね?

Posted by: ともり | Sep 02, 2010 at 09:57 AM

ともりさん>
コメント承認制にしたわけではないのですが、
なかなか反映されず申し訳ないです。
スパム対策上、いろいろあるのかも。
年末まで待っていただければ、
その他の本とまとめてお渡しいたします。

Posted by: やすなり | Sep 02, 2010 at 08:21 PM

The comments to this entry are closed.

« ユニコーン、ほぼ出来上がり | Main | 歴代カープ坊やコースター »