« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

Jan 31, 2011

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~

macrossf.jpg

レンタルが始まったので、早速。
多くが新規作画であり、TV版とは切り口も異なっていました。
というか、まるでシェリルのライブ盤みたいでした。
糸引くミサイルを期待していたのですが、
そちらの方もなかなかです。
見たかったケーニッヒ・モンスターも登場し
甲板を凹ませてズドーン!

K-Monster.jpg

もうすぐ続編も劇場公開されるそうで、
そちらはランカのライブ版になるのか?

| | Comments (0)

Jan 30, 2011

アジアカップ2011

afc-asian-cup2011.jpg

アジアカップ、オーストラリアとの決勝戦の延長、
ついにチュンソンがゴールを決めました。
サンフレの弓を引くパフォーマンスが代表戦で見られるとは。
韓国戦前にはいろいろと言われることが多かったので、
最後の最後にチュンソンが登場、活躍できたのは良かった。

今大会は、グループリーグのヨルダン戦、シリア戦、サウジ戦、
決勝トーナメントのカタール戦、韓国戦、昨晩の決勝戦と
眠い目をこすりながら見てきましたが、
ほとんどが先に点を取られたり、
退場者を出したりして苦しい展開ばかり。
でも不思議と見ていて、なんとかなると思えるチームでした。
途中出場の選手が活躍し、最後まで攻撃の手を緩めなかったからか?
(韓国戦の延長後半は守りに徹して失敗しましたが。)

カタール戦ではまるでバルサのような中央突破で3得点。
韓国戦では、自陣から繋いで繋いで本田のスルーパス→
左サイドの長友のアシスト、前田のゴール。
やっぱりDFの裏をとるパスワークがこれからの日本では。
故に、バランスの良さと少ないタッチでパスを出す本田が
無得点ながらMVPに選ばれたのには納得。

今大会前に代表選手の報酬について問題となっていましたが、
ベンチ選手を含めて、誇りとモチベーションを持って
今後の代表戦も望んで欲しいと思います。

| | Comments (0)

Jan 23, 2011

1/100 MGユニコーンガンダム

R0014009.jpg

2008年春に買って、やっとこさ完成です。

R0014029.jpg

その名のごとく一角獣。

R0014036.jpg

カトキプロポーションだけあって、かっこいいです。

R0014016.jpg

デカールは全て貼るとごちゃごちゃするので適当に。
だって数が多すぎてメンドー。

R0014034.jpg

このMGモデルでは各部が展開し、
内部の赤いサイコフレームが覗くデストロイモードになります。
でも白いユニコーンモードの方が好きですね。
だってデストロイモードにするのがメンドー。

ユニコーンが出来たので、次はRGガンダム。
でもまだ手を付けてない箱がまだ2つも。

| | Comments (0)

Jan 22, 2011

液晶の壊れたpowerbook G4をミラーリングで使う

R0013995.jpg

階下に住むじいじのパソコンはNECバリュースターNX VE30H。
1998年モデルなので、もう12年前のもの。
さすがに最近は「遅い」と文句を言っています。
新しいのを買い替えたいけど、
たまにちょこっとネットするだけだし。

R0013986.jpg

そこで考えたのが、ディスプレイが映らなくなったpowerbook G4。
DVI-VGAアダプタを使って、
これを現有のCRTモニターとつないで使えばいいのでは。
powerbook G4をフォーマットする時、
CDから起動している間はミラーリングが出来ず、
いつ液晶が消えてしまうのかドキドキでしたが、
なんとかMac OSの再インストールに成功。

R0013994.jpg

ウィンドウズ(しかも98!)からマックになっても
ネットするだけなら操作は簡単、じいじでもOKだと思います。
体感的にも断然早くなりました。

| | Comments (0)

Jan 16, 2011

厄落とし絵馬

R0013978.jpg

由加神社にて。

R0013981.jpg

厄落とし絵馬。

R0013982.jpg

厄を落とす。

| | Comments (0)

Jan 13, 2011

機動戦士ガンダムUC2「赤い彗星」

ucdvd02.jpg

DVD2巻を観ました。
シャアの再来、フル・フロンタル登場。
3倍速いシナンジュがユニコーンに迫る。
面白いけど、1時間だと物足りないですね。
次巻のタイトルは、「ラプラスの亡霊」なので、小説でいう3、4巻?
話が短縮されちゃう?と残念。

小説の感想はこちら

| | Comments (0)

Jan 10, 2011

ホームシアタースピーカーYHT-S400購入

レグザの音に不満があって
ずっと購入を考えていたホームシアタースピーカー。
お正月価格でぐっと安くなっていたので
ヤマハのYHT-S400を購入。

R0013964.jpg

届いた箱は意外と大きい。

R0013965.jpg

箱を開けてみたところ、スカスカ。
重いのはアンプ部。

R0013966.jpg

早速、配線。
レコーダーとHDMIケーブルでつなぎ、
テレビとHDMIケーブル及び光ケーブルでつなぐ。
アンプ部と3chスピーカー部はスピーカーケーブルでつなぐが
6色で色分けされているので分かりやすい。
これで終わり。

R0013969.jpg

サブウーファー内蔵アンプ部は置き場所がないのでテレビの横へ。

R0013971.jpg

3chスピーカー部はテレビの前に置きます。
本来はスピーカー部に足をつけて、
テレビの足をまたぐのですが、
レグザの場合、リモコン受信部が低い位置なので、
足を付けずにテレビの足に直置き。

レグザリンクの設定も簡単。
レグザ側でスピーカーを外部のものに設定するぐらい。

配線、接続も終わり、
さあ、テレビをつけて音の違いはいかがなものか?

結果・・・激変

特に音楽。
これまではイヤホンジャックにつなぎJBLのミニスピーカーで
聞くことがあったのですが、比較にならず。
やっぱりウーファーが効いています。
テーマソングなどこれまでと曲が変わった?と思うくらい。

映画やドラマもサラウンドで臨場感たっぷり。
フロントスピーカーだけなのに、これは期待以上。
車が走り抜けるシーンは、その効果が分かりやすかった。
最近のテレビ放送は臨場感が違うことを初めて知りました。
センタースピーカーがあるので比較的セリフも聞き取りやすい。

レグザリンクで普段はスピーカーのリモコンを使うこと無し。
テレビリモコンの音量調整でスピーカーの音を調整できます。
テレビリモコンでテレビとスピーカーのオンオフができます。
朝、テレビの主電源を入れるとスピーカーもオン。
でも夜、切るときは、一旦リモコンでオフして、
テレビの主電源を切る必要あり。

一週間使ってみて難点も少し。
ユニボリュームは、コンテンツが変わった際、
急に音が大きくなるのを防ぐ音量調整を行う機能なのですが、
やっぱりCMは(特にバックの音楽の)
音が大きくビックリすることあり。

それと低めの声が聞き取りにくい場合あり。
例えば、龍馬伝の最終回、竜馬暗殺のシーンでは
雨の降りしきる中、その臨場感はよく伝わってくるのですが、
その中でコソコソ話している男性の声が良く聞き取れませんでした。

3chスピーカーの配置がレグザテレビのリモコン受信部の直前なので、
今までのように下からの向きでは受信しづらい。
我が家の場合、ソファーに座っていると、
ちょこっとリモコンを上に向ける必要あり。

いろいろ書きましたが、概して満足しています。
多分、もう薄型テレビ内蔵の音には戻れないと思う。
導入してどうかと問われると、正解でした。

| | Comments (0)

Jan 06, 2011

ミニフィギュア カープ坊や 購入

先日書いたカープ坊やのミニフィギュアを購入。

IMGP6502.jpg

初優勝1975年のカープ坊やでした。
えいすけへのおみやげと思ったが、
古いユニフォームはピンと来ないらしい。

トレーディングミニフィギュアコレクション 広島東洋カープ コトブキヤ

| | Comments (0)

Jan 02, 2011

小野泉 古野庸一「いい会社」とは何か

iikaisyatoha.png

小説ばかりでなく、この手の本も読んでいます。

序章「個と組織の関係がおかしい」の冒頭では、次のような列記が。
・経営側からのメッセージが伝わらない。
 現場からの情報も経営側へ伝わっていかない。
・部署間でナレッジ(knowledge)が共有されない。
・専門性が高まり、互いのメンバーが何をやっているか分からず。
 コミュニケーションが希薄、組織力が弱まっている。
・会社でキーとなるミドルマネージャーが火を噴いている。
・経営の方針は毎年変わる。右往左往。
・職場には様々な雇用形態。
 業績が悪くなると互いの悪口、責任のなすり合い。職場が崩壊。
では、どうすれば良いのか。良い会社とはなにか。

第一章 個と組織の関係の変遷
第二章 働きがいを求めて
 給与面で右肩上がりの時代ではない、やりがいが重要。
 まず「信頼関係」、そして「働きがい」。
第三章 「いい会社」が行っていること
 時代の変化に適応するために自らを変革
 人を尊重し、人の能力を十分に生かす経営
 長期的な視点での経営
 社会の中での存在意義
第四章 あらためて問われる社会の中での存在意義
 社会に役立つことが働く動機になる。
第五章 一人ひとりと向き合う
 一人ひとりと向き合う会社が業績を伸ばす。
第六章 二つの重い問題
 高齢化と雇用形態の多様化。

この手の本はあまり読んだことがなかったので
とても新鮮に感じました。
〇〇の論理や著作が紹介されており、
当たり前のことばかり書かれているのかもしれませんが、
入門書としてはよかったのでは。
仕事に対する意識が少しだけ変わったような気がします。
マネジメントとは、モチベーションをいかに持たせるか、と。

| | Comments (0)

Jan 01, 2011

あけおめ

R0013963.jpg

| | Comments (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »