« ゴーイングメリー号、完成 | Main | 村上春樹、カタルーニャ国際賞スピーチ »

Jun 11, 2011

伊坂幸太郎「チルドレン」

children.jpg

5つの物語。
年代は様々、時間軸も順不同ですが、
それぞれの話に陣内という人物が出てきます。
この人は、独自の正義感があって、屁理屈で強引。
それぞれの話の語り手(彼の周辺の人)は異なりますが、
陣内を中心にしていろんな事件が起こります。
伊坂作品らしく、最後に謎解きや奇跡が。そして、爽快。

バンク
学生時代の鴨居と陣内が銀行強盗に巻き込まれる話。
同じく人質となった盲目の青年、長瀬と知り合う。

チルドレン
家裁調査官の武藤と万引きをした少年の話。
陣内は家裁調査官の先輩。

レトリーバー
長瀬と恋人の優子が陣内の失恋に付き合わされ、
2時間も公園で待たされる話。

チルドレン2
武藤は部署に異動しており、大学教授夫妻の離婚調停を行う話。
陣内は居酒屋でバイトする少年が気になる。

イン
長瀬と優子が、陣内がギターを演奏すると聞いて
デパートの屋上に行く話。

複数形はチャイルドズじゃなくてチルドレン。別物になる。
でも、大人が格好よければ子供はぐれない。

この人の短篇集は初めて読みましたが、やっぱり面白い。

|

« ゴーイングメリー号、完成 | Main | 村上春樹、カタルーニャ国際賞スピーチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.