« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

Jul 27, 2011

佐藤多佳子「聖夜」

seiya.jpg

今年度の青少年読書感想文コンクールの課題図書。
中学生向け。

17歳から18歳になる孤高な青年の物語。
幼い頃に自分を捨てた母へのわだかまり。
聖職者として素晴らしい人間で在り続ける父への反発。

オルガン部の後輩、天野をみて、
オルガンを弾く喜びを知る。
松葉杖で歩道橋を登るじいさんの挑戦に感銘を受け、
初めて音楽に感情をぶつける。
美人の後輩、青木から告白され、異性を意識する。
ふとしたイタズラから親しくなった深井との友情。
祖母から聞くおじいさんの話。
明るく悪さをする。人を傷つけないように。
いろんなことを経験して、少年は変わっていく。

楽器を奏でることが出来る、ということはいいですね。
この本を読むと憧れます。
欧州の大聖堂でパイプオルガンを見たことがありますが、
どんな音色なんだろう。
主役の青年が挑むメシアンの曲を聞いてみましたが、
こんな難解な曲だったとは。

話はそれますが、
ELPとかスティーリー・ダンが出てきて、
自分の青春時代を思い出しました。
久し振りに聞いてみよう。

この夏休みにえいすけが読む予定で購入。
大人の私が楽しめた分、ちょっと難しいかも。
たまには、えいすけのピアノが聞きたいなあ。

十七歳の俺はどこか歪んでいる。神に捧げるはずのオルガンの音は、光よりは闇のように、父を裏切って去った母に繋がっていく。

| | Comments (0)

Jul 25, 2011

ライオン、インストール

lion-inst.jpg

前のMac OS『Snow Leopard』が2009年で、
2年で新しくなり、今度は百獣の王『Lion』です。
Mac OS X v.10.7です。

その内容よりも、まずはインストールにビックリ。
CDなどの媒体ではなくて、App Storeから購入して、
ダウンロードしてインストール。
時間こそ、ダウンロードとインストールに
それぞれ20分前後かかったものの、
わずか数クリックの手軽さです。
他のiPadのアプリと変わらない手軽さ。

見た目はあまり変わっていないようですが、
250以上の新機能だとか。
とりあえず、快適だったマジックマウス操作の
縦スクロールが逆になってしまったので
慣れるのに時間がかかりそう。

その他、例えばメールを全画面表示して
デスクトップと横スワイプで切り替えるとか
便利なジェスチャがたくさんありそうです。
こうなってくると
よりトラックパッドが欲しくなりますね。
Macも、よりiOS化しているのを感じます。

とりあえず、普段使っているソフトに関して、
動かなくなったものは無いようなのでひと安心。

これからゆっくり新しい機能を試して楽しみます。

アップル - OS X Lion

| | Comments (0)

Jul 21, 2011

岡田潤「こども電車」

kodomodensya.jpg

今年度の青少年読書感想文コンクールの課題図書。
小学高学年向け。

友達が転校生と急に仲良くなり、疎外感を受ける。
男の子の嫉妬。微妙な3人の関係。

女の子同士のいじめ。相手を許す心。

大人と子供のちがいは?
こども電車に乗れる子と乗れない子のちがいは?

勧善懲悪、綺麗事だけではなくて、
大人の社会を凝縮したような人間関係が
この年代の学校・クラスにもあるのでしょう。
夢と現実の混在する年頃、
こども電車に乗ることの出来る最後の年かもしれません。

この夏休みにまどかが読む予定で購入。
喫茶店での待ち時間ですぐに読めました。

こども電車は夢と希望を運ぶ電車。こどものみなさんは、どなたでも乗ることができます。最終電車は9:00pm。お乗りおくれのございませんように。 こども電車 車掌

| | Comments (0)

Jul 20, 2011

豆苗を育てる、初日

えいすけの技術・家庭科の夏休みの宿題で
「スプラウト(植物の新芽)を育てる」ことがあります。
早速、ホームセンターで豆苗の種を二袋を購入。
7センチの高さで牛乳パックを切り、
底にティッシュをひいて、
それぞれに種20個をまき、水を浸します。
日が当たらないよう、
えいすけの部屋のクローゼットの中に置いておきます。

P1000365.jpg

せっかくなので、いろんな水で成長の差を見ることに。
1.水道水
2.井戸水
3.用水路の水
4.スポーツドリンク
5.ティッシュの下に鉄くぎ数十本をひいて水道水
さて、どれが一番育って、一番成長しないでしょうか?
上手くいったら、まどかの自由研究にもなるかも。

| | Comments (2)

Jul 19, 2011

エアーパーク

航空自衛隊浜松基地の一角にある博物館。
民主党の事業仕分けで有料化となりましたが、
入場数が減ったためか、今回、入場料は無料でした。

IMGP7332.jpg

展示格納庫前にはF-86ブルーインパルス。

IMGP7336.jpg

IMGP7333.jpg

IMGP7334.jpg

F-104Jスターファイター。通称、三菱鉛筆。
第2世代のジェット戦闘機で、
F15配備によって退役しましたが、
そのF15イーグルも今や古くなってきています。
次は何になるのか、選定作業は膠着状態。
F/A-18E/F、F-35、タイフーンのどれか?

IMGP7349.jpg

IMGP7375.jpg

IMGP7387.jpg

救難捜索機。
その他、救難ヘリも多数展示。

IMGP7391.jpg

F-1支援機の空気取り入れ口。

IMGP7389.jpg

F-4ファントムが見たかったけど、ここにはなくて残念。

| | Comments (2)

Jul 13, 2011

Story Seller

storyseller.jpg

人気の作家さん6人が集まった読み切り短編集。

伊坂幸太郎「首折り男の周辺」
近藤史恵「プロトンの中の孤独」
有川浩「ストーリー・セラー」
米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」
佐藤友哉「333のテッペン」
道尾秀介「光の箱」
本多孝好「ここじゃない場所」

今までに読んだことない作家さんの作品もありましたが、
どれもこれもなかなか面白かったです。
タイトルにもなっている「ストーリー・セラー」も
涙なしでは読めませんが、
中でも、昭和の匂いプンプンの
「玉野五十鈴の誉れ」 が印象的でした。
この人の話は上手だなあと感じます。
で、本作が収録されている短篇集を購入。
伊坂作品が好きな人は、
この本の他の人も好きかもしれない。
実際、開拓できたし。
複数の作家さんの短篇集はいいかもしれない。

| | Comments (6)

Jul 11, 2011

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

on-stranger-tides01.jpg

ジャック・スパロウ、第4作目を観てきました。
前作はバルボッサが若返りの泉を
探しに行くところで終わりましたが、
まさに今回、その続きのようなストーリーとなっています。
内容はというと、原点復帰のようで良かったのでは。
新キャラの女海賊と黒髭も登場。
黒髭の冷酷さは伝わったが、
女海賊はもっとエロ小悪魔でいいと思う。
ところで、宣教師さんはどうなったのでしょう。
ジャックの父ちゃんは何をしに出てきたのか?
兎にも角にも今回の主役は人魚!
綺麗だけど・・・こえーよ。

on-stranger-tides02.jpg

字幕の後に次の前振りがあって、新3部作を期待させます。
これまでもでっかいタコが出てきたように、
もっと船の上でドッカンドッカンを期待していたのですが、
それは次回作に期待。

| | Comments (0)

Jul 08, 2011

伊坂幸太郎「魔王」

maou.jpg

政治家の映るテレビ画面の前で目を充血させ、必死に念を送る兄。山の中で一日中、呼吸だけを感じながら鳥の出現を待つ弟。人々の心をわし掴みにする若き政治家が、日本に選択を迫る時、長い考察の果てに、兄は答えを導き出し、弟の直観と呼応する。ひたひたと忍び寄る不穏と、青空を見上げる清々しさが共存する、圧倒的エンターテインメント。

前半の「魔王」は、兄の視点で。
考えろ考えろ、マクガイバー。
後半の「呼吸」は、弟の妻の視点で。
消灯ですよー。
基本的には、大に対して小がどう挑むのか、というお話。

兄弟それぞれの超能力?はさておき、
伊坂作品らしく、たくさんの種まきがあるのに
最後の最後にどうやって刈り取るのか
楽しみに読み進めていくと、
そのまま終わってしまいました・・・

マスターが怪しかったけど、その正体は?
兄ちゃんが力を使うと苦しい目に合うのはマスターと関係あり?
ムッソリーニ犬養は、なんか知ってるの?その後は?
結局、魔王って誰なんだ?
弟くんはお金でクラレッタのスカートを直すことが出来たのか?

でもでも、この小説は上手く言えないけど面白い。
エンターテイメント性の高い他の伊坂作品とは異なる。

俺を信じるな、考えろ。
そして、
考えろ、マクガイバー。

続編のような作品「モダンタイムス」があるらしいので
文庫化されたら読んでみたいと思います。

| | Comments (1)

Jul 04, 2011

WORLD - CRUISE

不思議とずっと見てしまいます。
短期の滞在では感じられない雰囲気があります。
谷川俊太郎の朝のリレーを思い出しました。

| | Comments (0)

レゴ トーチ

以前からレゴのデカフィグが欲しかったのですが、
非売品故になかなか手が出せず。
でもこんなのを見つけて即購入。

P1000339.jpg

レゴ トーチ。
20センチ弱の大きさで、手足が動きます。
で、
足の裏がライトになっています。
お腹のマークを押すとピカーっと光ります。
まどかの部屋でオブジェとして、
ベッド横の灯りとして、
いざという時のトーチとして?活躍の予定。

P1000342.jpg

店頭には上半身が光るランタンもありました。
おもちゃ屋でもなく雑貨屋でもなく、
本格的なアウトドア商品と並べてあったのが面白い。

調べてみると、腕を回して充電するダイナモタイプや
もっと小さなキーライトやヘッドランプもあるようです。
特にダイナモは、消防士、お巡りさん、建設作業員もあって欲しい。
やっぱり帽子がある方がいいなあ。

| | Comments (0)

SUPER 8

Super8-poster.jpg

予告編を見て、気になって気になって観に行きました。
この予告編かなり凝っています

1979年の夏、オハイオが舞台。
中学生の子供たちは8ミリ映画作りに没頭していた。

列車の通過に合わせて撮影を始めると、 突然、車が突っ込み大事故が発生してしまう。 あたり一面が炎に包まれ、轟音が鳴り響く中、 取り残された8ミリカメラが写したものは 貨物コンテナの中から強大な力で外へと出ようとする“何か”だった。

で、見た感想、面白かったです!
見えない敵が襲ってきて、
それがいったい何なのか?
という一点で引っ張るので、
それが分かった時点で賛否両論、
好き嫌いが分かれると思いますが、
友好的なE.T.でも、好戦的なエイリアンでも、
私にとっては、どっちでも良かったです。

本当の話の軸は、友達との絆、
壊れかけた人間関係を取り戻すこと。
悪ガキがザ・ナックのマイ・シャローナを歌ったり、
喫茶店で馬鹿話をしたりしているのを観ると、
主人公と同じぐらいの年の頃に観た
スタンド・バイ・ミーやグーニーズを思い出しました。
いろんな所に時代設定当時のSF映画へのオマージュを感じます。
それだけで、大満足。
最後に無理やりまとめ過ぎとか、
それでいいのかエイリアン?とか突込みどころは満載ですが、
ヒロインのダコタ・ファニングの妹が可愛いので良しとする。

それから、タイトルはコダックのフィルムの名前。
それと最後の字幕スーパーも見るべし。
最後の8ミリ映画も良かった。

| | Comments (2)

Jul 03, 2011

倉敷路地市庭(ろじいちば)

kurashikirojiichiba01.jpg
倉敷路地市庭(ろじいちば)

P1000326.jpg

みやざき地頭鶏そのまんまとマルキ化粧品の間の
裏路地を進んでいくと

P1000325.jpg

暖簾がかかっていてそれを抜けると

P1000323.jpg

土曜日限定の小さな市場があります。
地元の方、観光で倉敷を訪れた方、
ぜひ寄ってみてください。

kurashikirojiichiba02.jpg

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »