« 万城目学「プリンセス・トヨトミ」 | Main | キック・アス »

Aug 06, 2011

岩中祥史「広島学」

hiroshimagaku.jpg

広島は6年間住んだ土地で、嫁さんも広島の出身。
よく知っていることもあり、納得する話も。

汽車といえばJR、電車といえばヒロデン(路面電車)。
青バスは広電バス、赤バスは広島バス、郊外バスは広島交通。
コンビニはポプラ、ソースはオタフク、おにぎりはむさし、
うどんはちからで、ヨーグルトはチチヤス、味噌はますやみそ。

最後の方で「何はなくとも赤ヘル軍団」という章があり、
カープの歴史がたくさん書いてありました。
これらは既知の話ばかりでしたが、
樽募金など、何度聞いてもいい話はいい。
応援が熱心なあまり暴徒化するのは頂けませんが。

でも、隣の県に住んでいながら、
初めて聞く話も多かったです。

広島発祥のもの、有名企業が意外と多くてビックリ。
セーラー万年筆、バームクーヘン、カルビー、フマキラー。
モーニングサービスも
あの鷹野橋の喫茶店が発祥の地だったとは。

ポジティブで、前へ前への性格の県民。
そうかなあ、と思うところもあるのですが、
移民が多いというので、そうなんでしょう。
広島の名は決して広いという意味ではなく、
逆に人口の割に農地が少なく、
貧しさ故に出稼ぎに出るという側面も。
浄土真宗が多いというのも、
そう言われればそうですね。

広島の歴史についても
多くの頁を使って述べられています。
長々と感じるかもしれませんが、
私には読み応えがありました。
泰平故か、毛利氏以降の
江戸時代の広島藩の歴史はよく知りませんでした。
歴史的に多くのものが
あの原爆で消えてしまったからかもしれません。
奇しくも今日は広島原爆忌。
広島は見事に復興したものの、
75年、草木が生えないと言われたように、
未だにその傷跡は癒えてはいません。

筆者も言っていますが、
世界遺産が2つもあるのだから、
もう少しサービス精神、
もてなしを発揮してもいいのでは。
アピール、PRが下手な気がします。
逆に正直さが良いところなのかもしれませんが。

最後に。
表紙に書かれている、
カープは日本一じゃ!5月までじゃけどのう・・・
には笑いたいけど笑えない。

|

« 万城目学「プリンセス・トヨトミ」 | Main | キック・アス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.