« iPad2のカバー購入 | Main | 村上春樹、佐々木マキ「羊男のクリスマス」 »

Nov 30, 2011

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」

fishstory.jpg

4つのお話。
もしかして繋がるの?と思いましたが、
そうではないようです。

動物園のエンジン。
シンリンオオカミの檻の前に
寝そべっている元動物園職員の男が良いです。

サクリファイス。
泥棒の黒澤が山里で不思議な人探し。
この人、いろんな本で出てきますね。
最後の話でも出てきて、クールなのか、おせっかいなのか。

フィッシュストーリー。
二十数年前、現在、三十数年前、十年後が
不思議と繋がっていきます。
ちょっと上手すぎる話だとは思いますが、面白い。
売れないバンドの曲の間奏に1分間の無音。
さて、なぜでしょう。

ポテチ。
最後に読んだからか、一番印象に残るお話。
今にも飛び降り自殺をしようとする女性に電話で
キリンに乗ってくから。見たいだろ。
と言って制止する若い泥棒が笑えます。
今村、今回も良い感じです。おかんも。

巻末の解説を読むと、
他作品のいろんな登場人物が出てきたみたいですが、
あんまり気づかなかった。
ここを見ると、作品間のリンクがさらによく分かります。
無重力ピエロ

フィッシュストーリーは映画にもなっているらしい。
原作とは違う面白さもあるとのこと、見てみたい。

|

« iPad2のカバー購入 | Main | 村上春樹、佐々木マキ「羊男のクリスマス」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

え?こんなにつながりがあるの?
知らなかった-。
この表まとめた人、すごいね。
いろいろ読み返したくなっちゃうね。

フィッシュストーリー、本も映画も気になります(^^)

Posted by: ともり | Dec 03, 2011 at 08:49 PM

ともりさん>
ね、相関関係、言われてみるとそうかも、と思い
読み返したくなりますよね。
手塚治虫っ的、感じがします。
年末お会いしたときに、この本もお渡ししますね。

Posted by: やすなり | Dec 04, 2011 at 10:19 PM

読みましたー。
黒澤、いいですね。
やっぱり表題のフィッシュストーリーが一番好きです。
リンクが気になったのでラッシュライフも読み直しました。
そうしたら他の作品ももう一度読みたくなってしまい
いろいろ図書館で予約しました。
しばらく伊坂ワールドにどっぷりはまりそうです。

Posted by: ともり | Feb 01, 2012 at 12:21 PM

ともりさん>
そうですね、ラッシュライフを読み返すのがいいかも。
いろんな意味で、原点的な気がします。
この本もラッシュライフも他含めてたくさんリンクしてます。

Posted by: やすなり | Feb 01, 2012 at 09:25 PM

The comments to this entry are closed.

« iPad2のカバー購入 | Main | 村上春樹、佐々木マキ「羊男のクリスマス」 »