« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

Jan 29, 2012

伊坂幸太郎「モダンタイムス」

表紙を書いているのは野又穣。
この方の空想建築、いいですね。

moderntimes1.jpg moderntimes2.jpg

魔王の話から50年後。
「人は分からないことがあったらまず検索する」、
「アリは賢くないが、コロニーは賢い」というのが
今回のお話を全てを表しているように思います。
同時期に書かれたゴールデンスランバーは、
見えない大きな敵から逃げまくりますが、
このモダンタイムスでは登場人物が戦うことを選択します。
特に後半の下巻になると、
魔王の兄弟のその後も明らかになるし、
痛みを伴いながらも、どんどん真実に近づくし、
一気読みしてしまいました。

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、 ある出会い系サイトの仕様変更だった。 けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。 そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。 彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。

播磨崎中学校、安藤商会、個別カウンセリング
で検索すると、登場人物は拷問を受けたり犯人にされたり
とんでもない目にあってしまします。
実際に検索してみると・・・
こんなサイトにたどり着きます。
出会いすぎちゃうくらいに出会っちゃうサイト
伊坂幸太郎のインタビューや「井坂好太郎」ファンサイトもあります。
面白いですよ。

あとがきや上記のインタビューを見ると、
文庫化に当たってずいぶん手が加えられたようです。
作中作の「苺畑さようなら」は、連載、単行本、文庫で書き換えられ、
結末の真実もさらに付け加えられたとのこと。
長文にも関わらず、
伏線の深みや真相に向かっての整合性が増しています。
国家とは、生き長らえることを使命としたシステム、
その中で個々の人生をどうするか、
それが本作の主題なのだと思います。

| | Comments (2)

Jan 22, 2012

最上稲荷

IMGP7831.jpg

IMGP7780.jpg

IMGP7764.jpg

IMGP7825.jpg

IMGP7820.jpg

| | Comments (0)

Jan 09, 2012

PENTAX一眼レフカメラのガチャガチャ

R0014760.jpg

嫁さんにもらいました。
レンズ交換ができて、
カメラのホットシューに取り付けられます。
だからどうだと言われると辛いのですが。

R0014761.jpg

| | Comments (0)

シェフィンのVeggiChop(スピードみじん切り器)

以前、タッパーウェアのスピーディーチョッパー
欲しいと書いたのですが、どこも売り切れ。
なので、ふと見つけたシェフィンのVeggiChopを買いました。

veggichop1.jpg

使い方は
1. 容器の底にある突起に、刃をセットします。
2. 材料を容器に入れ、刃部にある凹部分と、
蓋にある凸部分を合わせて、蓋を閉めます。
3. 蓋をしたらカチッと音が音がするまで回してロックします。
4. ハンドルをおこして引きます。
5. 刃を取り出した後、保存用蓋をして、保存容器としても使えます。

veggichop2.jpg

食材毎の下ごしらえは以下の通り。
一度に入れられる量は、容器の半分まで。
玉ねぎ・・・皮をむき、6分の1にカットします。
(大きい場合は8分の1)
エシャロット・・・皮をむき、丸ごと容器に入れてください。
にんにく・・・1片ごとに皮をむいて用に入れます。
ピーマン・・・約2.5cmに切る。
ピクルス・キュウリ・・・約2.5cmに切る。
ラディッシュ・・・半分に切る。
リンゴ・・・芯を取り、約2.5cmに切る。
オリーブ・・・種を取ったオリーブを数個ずつ入れます。
(種があるままだとブレードが傷つく恐れがあります。)
マッシュルーム・・・まるごと容器に入れる。
(大きい場合は約2.5cmにカットして)

玉ねぎの粗微塵切りにトライしてみたところ、
最初に上手く玉ねぎを入れないと、
2枚の刃に玉ねぎが刺さって機能しない。
でも、やり直せば上手くいく。
いっぺんにたくさん入れないのがコツかも?
少なくとも涙が出ないので良い。

| | Comments (0)

Jan 04, 2012

機動戦士ガンダムUC4「重力の井戸の底で」

uc4.jpg

今回はシャンブロ中心に地球での陸上戦。
たくさんMSが出てきました。
ジオンって本当にいろんなのがあるのですね。
ブライトさんの声は違和感なく。
バナージは、性格と言うか、キャラがまとまってきたか。
キャプテンとの葛藤など、
おっさんと少年の絡みは原作の良さですね。
この辺りが母性云々の従来ガンダムとは違うかも。
次は黒ユニコーン。

小説はこちら

| | Comments (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »