« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

May 30, 2012

連敗脱出

R0015705.jpg

言いたいことは色々ありますが。
まずはトンネルを脱出。
これから。

今村投手、ガンバレ!

| | Comments (0)

May 27, 2012

1/144 ジュアッグ

R0015759.jpg

ユニコーンに登場したことで、
最近、まさかのHGUC版が発売されましたが、
これはファーストのMSV版です。
箱絵には「試作メカ」と書かれています。

R0015746.jpg

アッガイのように”お座り”が出来ます。
両手が三連のロケット砲になっているのが特徴ですが、
それよりもゾウのような長い鼻が気になります。
ダクト?ノズル?いったい何なんだ?

R0015748.jpg

それにしてもジオンの水陸両用は面白い。
旧キットは色塗るのがめんどくさい。
今度は最新版を作ろう。

| | Comments (0)

球場ラヴァーズ (1)〜(4)

副題は、私が野球に行く理由。
広島帰省時に購入、一気読み。なんども再読。

kyujyou1.jpg

女子高生がカープファンの女性二人と知り合い、
カープやプロ野球を知って、好きになっていく話。

kyujyou2.jpg

でも、プレーなど野球自体は出てこなくて、
話しの舞台はビジター応援席が中心。
津田投手や前田選手などいろんなエピソードが出てきます。
・・・泣けます。

震災で開幕が危ぶまれたことやドラフトハズレクジや
戦力外となった広池投手など
話はリアルタイムで進んでいきます。

R0015757.jpg

登場人物それぞれが壁にぶつかり、そこから逃げず、
カープやプロ野球の話とダブらせて、
それを乗り越えていく話です。

ちょっと内容が現実過ぎて痛過ぎて、
ファン以外には伝わるのか心配もあります。
黒田投手の選択など、ファン以外では理解できないのでは?
でも、意外と関東にはカープファンが多いので大丈夫?

早く続きが読みたい。
展開は実際のペナントレース次第?

| | Comments (0)

May 26, 2012

フェルメール光の王国展

ANAに乗ると、機内誌で、
生物学者の福岡氏がフェルメールの絵を
見に行く紀行連載をよく読んでいました。

vermeer-center-ginza.jpg

その福岡氏の企画で、
全フェルメール作品をデジタル技術で再現し、
原寸大で、同じ額装をして一堂に展示する企画が
銀座で開かれており、遅ればせながら行って来ました。

フェルメール光の王国展(2012/1/20-7/22)

vermeer-guide.jpg

事前にiPhoneアプリのガイドをダウンロードして、
iPodでそれを聞きながら全37作品を鑑賞。
このアプリが大正解でした。
フェルメール役の小林薫さん、次女役の宮沢りえさんの
ナレーションがとってもとっても良いのです。

で、絵のほうですが、
全部の作品が揃えるというのは素晴らしい発想ですが、
近くで見るとやっぱり・・・
でも、少し遠目で見ると、おぉー。

R0015725.jpg

小路

R0015726.jpg

牛乳を注ぐ女

R0015727.jpg

デルフトの眺望

R0015730.jpg

真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)

R0015731.jpg

絵画芸術(画家のアトリエ)

R0015738.jpg

レースを編む女

あぁ・・・贅沢です。
ストロボ禁止ですが、写真撮影は可でした。

R0015739.jpg

こうやって全作品を製作順に見ていくと、
作風の変化や、光を空間を時間を捉えた全盛期、
そして衰退とよく分かります。
パトロンがついてからはラピスラズリの青が多用されています。

takeisaki.jpg

もうすぐ、本物の「青いターバンの少女」がやって来ます。
以前に大阪で見たときは、
数点のフェルメール作品があったのですが、
特にこの作品はものすごい人でした。
いくら見ても飽きないのがフェルメールの魅力なのですが、
日本ではなく保有する美術館に行かなければ、
ゆっくりじっくり見るのはやっぱり無理ですねえ。

マウリッツハイス美術館展

| | Comments (0)

May 20, 2012

梅本ゆうこ「マンガ食堂」

まんがに出てくる料理を再現した人気のブログがあって、
それが本にまとまったと聞いて購入。
その名もブログのタイトル通り「マンガ食堂」。

マンガやアニメで見て食べてみたいランキング第一位は
なんといっても、はじめ人間ギャートルズに出てくるお肉ですが、
他にもいろいろあります。
中でも「深夜食堂」に出てくる料理はどれも美味しそうで、
この本で再現されている”牛すじ大根玉子入り”に惹かれます。
で、さっそく作ってみる。

R0015722.jpg

想像通りの味でしたが、
煮込み時間が足りなかったかも。

他にもこの本には、美味しそうなものから
こんなのよく作ったな(自分では決して作らない)的なものまで
全部で49品の再現料理とそれにまつわるコメントがあります。
料理の腕はもちろん、文章もなかなかです。
次は何を作ってみませう。

| | Comments (0)

RECBOX購入

2008年秋にレグザZV500+1TB USB HDDを買って、
2009年夏にレコーダーRD-303(HDD 320GB)を買って、
テレビ側のHDDがほぼ一杯になってしまいました。
レグザZV500は複数台のUSB HDDを認識しますが、
録画や再生の度に差し替えなければならず、大変面倒。

なので、RECBOX、3TBのHVL-AVを買いました。

R0015709.jpg

接続はテレビ背面のLAN端子に繋ぐだけ。
だんだん画質が良くなってきて
必要な容量が増えてきたとは嫁の弁ですが、
これで当分は大丈夫な筈。
LAN HDDなら更に増量が必要になっても
複数同時に接続、認識できます。

それにしても、
私は男子ごはんしか録画していないのですが、
家族はそんなにたくさん何を録画しているのだろう。

それにしても、
HDDの値段はどこまで下がるのだろう。

それにしても、
RECBOXの電源ランプは点くけど、
録画ランプが点かないのはなぜだろう。

| | Comments (1)

May 03, 2012

アンフェア the answer

unfair.jpg

アンフェア the answer」を観ました。
原作も読みましたが、全く別の話でした。
すでにTV版から小説と違っていたので当然といえば当然。
とにかく、だれが味方で誰が敵なのか、
それを見つけるのがストーリー。
焼肉屋で皆それぞれが疑うように顔を見るシーンが印象的。
”雪平、最後の事件。すべての答えが、そこにある。”
のキャッチコピーですが、ホントにこれで最後かなあ。

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »