« 米澤穂信「氷菓」 | Main | 1/200 デストロイド・モンスター »

Feb 08, 2013

真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」

fujiko.jpg

読んでいてとても嫌な気持ちになってしまう小説。
でも、一気読み、ページをめくる手が止まらず。
なんでだろう。
湊かなえの小説同様、救われない。
こっちの方が、精神面に加えてグロさがある。
幼少期から大人になるまで、周りとの関係、友情と嫉妬。
最初の”はしがき”と最後の”あとがき”がミソ。
人生は、薔薇色のお菓子のよう。
夢見るシャンソン人形のもう一つの意味は、蝋人形、おがくず人形。
要するに、バレなきゃいいのよ。
続編もあるということで、早速購入。

|

« 米澤穂信「氷菓」 | Main | 1/200 デストロイド・モンスター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

グロいよね・・・これは・・・
あとがきが確かにミソでしたが。
これねー。
がっつりまともに読む気にならなくて以前本屋にて速読で立ち読みしたの。
(嫌な客だ(笑))
夢見が悪くなりそうな作品じゃなかった?(^^)

Posted by: ともり | Mar 25, 2013 at 07:45 PM

ともりさん>
その通り。
いやーな気持ちになります。
でも、続編もすぐに読んでしまいました。
なぜだろう。

Posted by: やすなり | Mar 26, 2013 at 09:34 PM

The comments to this entry are closed.

« 米澤穂信「氷菓」 | Main | 1/200 デストロイド・モンスター »