« February 2013 | Main | April 2013 »

March 2013

Mar 31, 2013

カープ電車チョロQ

2013-03-31-06.jpg

今年はラッピングトレインのチョロQ。
ラッピングトレインはズムズムスタジアムの横を走ります。

2013-03-31-07.jpg

毎年、誕生日プレゼントにばあばから頂きます。
少し早いけど、有難うございました。

| | Comments (0)

電光石火

2013-03-31-04.jpg

2013-03-31-05.jpg

広島のお好み焼き屋さん、電光石火
店名同様、メニュー名もブルーハーツ。
この3D焼きは新しい。
かなりの高さがあります。
卵はふわっとしていて、肉もカリカリでなく肉汁じゅわ。
そばも生麺で美味しい。
大葉とネギもたくさん。

今回、はじめて東千田店に行きましたが、
駅前ひろばにもあるそうで、そっちにも行ってみよう。

| | Comments (0)

東千田公園

2013-03-31-03.jpg

2013-03-31-01.jpg

2013-03-31-02.jpg

広島大学の旧東千田キャンパス。
再開発予定地とは聞いているが、なんにもなく
旧理学部建物の一部がそのまま残るのみ。
かろうじてかつての森戸道路が分かるくらいか。

| | Comments (0)

Mar 24, 2013

伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

nokorizennbu.jpg

連載、書籍化、文庫化で手を加えるので有名な著者です。
いつもの文庫でなく、久々に新書で伊坂作品を読みました。
結論から言うと、とっても楽しい作品で、早く読めて幸せ。
既発表の4つと描き下ろしの1つの短編からなるのですが、
それぞれが2008年とか2010年の作品だったり、
発表順も単行本の順序と異なったりして
どうしてこんなにうまくまとまるのか不思議ですが、
とにかく最後の第五章で、全部まとまって”飛ぶ”のです。
書籍化に際して、話しの順にPHS→携帯→スマホに
書き直すなどの点が、読みやすくしているのでしょう。

第一章「残り全部バケーション」
一家解散となる3人家族が「岡田」とドライブする話。
『適番でメールしてみました。
友だちになろうよ。ドライブとか食事とか。』
『明日から、もう俺の人生、
残り全部、バケーションみたいなものだし。』
『レバーをドライブに入れておけば勝手に前に進む。』

第二章「タキオン作戦」
「岡田」がとんでもない作戦で小学生を虐待から助けようとする話。
『では、加速するのではなく、
もともと、光より早い物質があったらどうなんだ。』

第三章「検問」
「溝口」と「太田」に車に閉じ込めれた女性が逃げ出そうとする話。
『マニュアル車なんて、まだあるんだな。』
『作業は一つずつ、こなしていけばいい。分担するのだ。』

第四章「小さな兵隊」
僕が問題児の「岡田君」と弓子先生を守ろうとする話。
『連絡してって簡単に言うけどな、
電話ってのは持ち歩いてるものじゃねんだぞ。』
『弓子先生は、餌やりを忘れたことは起こるけれど、
その子を軽蔑したりはしない。』
アドバルーンの男はいい加減で誰かに似ている。

第五章「飛べても8分」
「溝口」の新しい相棒は、知的で合理的な「高田」。
この話が断然面白くて、他の話もグッと活きてくる。
『飛んでも八分、歩いて十分。』
『俺なら飛ぶぜ。だってお前、飛びたいじゃねえか。』
そういえば、最初の話に出てくる3人家族の娘の名前は早希だった。

| | Comments (2)

Mar 17, 2013

3/16、オープン戦

楽天と。マツダスタジアムにて。

P1120023.jpg

開幕に近い先発メンバー?

P1110966.jpg

先発の野村投手は突然、制球が乱れ、四球が多く不安が残る。

P1120050.jpg

期待の戸田投手も失点が続く。球が軽く力不足か。
後ろは、梵選手。オープン戦初出場。復活を期待。

P1110903.jpg

エルドレッド、ルイスは好調、パワフル。
シーズン中、どこまで続くか。

P1120019.jpg

最後に堂林選手。
三振と二塁打。らしいと言えばらしい。

試合は大差で負け。
故障選手が多いのが気になる。

| | Comments (0)

Mar 10, 2013

伊坂幸太郎「あるキング」

aruking.jpg

これまので伊坂作品とは違って、
伏線なんかもなくて、どんでん返しもなくて、
どちらかと言えば暗い話かも。
孤独な天才野球選手が生まれてから引退するまで、
ただひたすら、ボールがくれば、見送って、
ストライクがくれば、バットを振って本塁打を打つ、という話。
伝記のように、だれかがどこからか、彼を見ているように話をする。
文庫化にあたり、加筆され、
シークスピアの「マクベス」との繋がりをわかりやすくしたらしい。
フェアはファウル、ファウルはフェア。
9回ツーアウトで自分の打順が回り、
次の天才打者に繋げることが出来るか、
という場面が2度ほど出てくる。
この物語は、繋がりを書いた話とも思える。
フェアだ!走れ!我を張れ!
監督の引退の言葉、その一言もよかった。

| | Comments (2)

Mar 03, 2013

パスワードによる制限

中学生のえいすけから、
日々の生活をブログにアップするのは止めて欲しいと言われた。
不特定多数と言うよりは、同級生から見られるのが嫌なのだろう。
その気持は良くわかるが、
せっかくの成長記録を消してしまう、
止めてしまうのはもったいない気もするので、
エイスケ・ニッキにパスワードによる制限を設けた。
具体的には.htpasswdファイル、.htpasswdファイルを作成した。
スパムコメントもなくなるのでいいかも。
閲覧希望の方がおられれば、連絡願います。

| | Comments (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »