« July 2013 | Main | September 2013 »

August 2013

Aug 26, 2013

8度目のゴルフ

初めてお客さんと一緒に回る。
でも和気あいあいと、楽しく。
4度目のコース。
トンボも飛んで、少しは涼しくなったのでは。

2013-08-26-01.jpg

張り切ってスタートしたのですが、
前半終わってボロボロ、
最終的にはいつも通りのスコア。
なかなか進歩しません。
連続パーもあれば連続OBもあり。
ドライバーもパターも楽しいのですが、
アイアンがどうもうまくいきません。
ようし、7番アイアンの練習だ。

2013-08-26-02.jpg

後ろの組で回っていたゴルフ部女子高生たちは
距離もコントロールも抜群で感心しました。

| | Comments (0)

Aug 15, 2013

ひかり電話トラブル

お盆帰省中、我が家に電話すると以下の様なアナウンスが。
「お客様がおかけになった電話は、機器が接続されていないか、
通話できない状態にあるためおつなぎすることができません。」
そんなバカな。
あまりの暑さで機器が壊れたか。
帰宅後、モデムとルーターをみると
正常とは異なるランプの点灯。
モデムとルーターを再起動してもダメ。
夕刻、サポートセンターに電話。
センターから確認してもひかりが繋がっていない。
本日/明日、電話します、と。
翌朝、今からお伺いします、との電話あり、
2台のピッカー車に乗って、
技術者2人と交通誘導員2人が来る。

2013aug15-01.jpg

チェッカーで確認したところ、モデムまでひかりが来ていない。
家の外壁の箱までひかりが来ていない。
電信柱と家の外壁の箱の間でひかりが止まっている。
”セミがひかりケーブルに卵を生むための穴を開けた”らしい。
そんなことがあるのか?たまーにあるらしい。
結局、暑い中、2時間かけてケーブルを引き直してくれました。
有難うございました。

| | Comments (1)

Aug 11, 2013

8/11カープ、巨人戦

2013aug11-01.jpg

広島は中崎が一回に長野の適時打で先制を許した。 七回まで2失点と踏ん張ったが、八回に2点適時打を浴びて力尽きた。

2013aug11-02.jpg

ガリガリ君チューハイを何杯飲んでも点が入らず。
今年はズムズムで勝ちを見ていない気が。

| | Comments (0)

Aug 03, 2013

伊坂幸太郎「SOSの猿」

sosnosaru.jpg

「ゴールデンスランバー」(2007年)以降は
「オー!ファーザー」を除いて伊坂作品の第二期になるらしく、
作風がちょっと変わった、
特に「あるキング」や本作はちょっと・・・との評判。
伏線の回収が少ないからでしょうか。
でも、この話はこの話で楽しめました。
少年のひきこもりを直そうとする「私の話」と
株誤発注の原因を探る調査員の「猿の話」が
交互して、最後は孫悟空で繋がっていきます。

「暴力は善なのか悪なのか。」
「物語は、時々、人を救うんだから。」
「天竺に行ったところで、くよくよは続きます。」
「SOS!(Save Our Ship! Save Our Souls!)」

| | Comments (0)

竹田いさみ「世界を動かす海賊」

sekaiwougokasukaizoku.jpg

帯には、
大震災が起きた3・11に海上保安官がソマリア沖海賊を逮捕した、
時を同じくして羽田から海保のガルフが飛び立った、と書かれてある。
少し前までは、海賊といえば、マラッカ・シンガポールだったが、
2008年に日本郵船のタンカーがアデン沖で被弾、
その後も日本の船がソマリア沖で攻撃される事件が続いた。
2009年には海賊対処法が成立し、
海上自衛隊などが航行する船舶を護衛しているが、
未だソマリア沖、アデン湾の海賊の恐怖は続いている。

【序章 海は日本の生命線】
海賊の出没ポイントは、重要な航路やチョークポイント。
マラッカの海賊は強盗犯だが、
ソマリアは船と乗組員を人質に、10億を超える身代金。

【第1章 危険な海】
BMPにて定められた南緯10度、東経78度で囲まれる
ハイリスクエリアでは、波・風の中、18ノットで航行せよ。
この海域で2008から12年に発生した海賊事件は890件、
その被害は、人質3,416人、殺害25人、負傷30人。

bmp4.jpg

【第2章 海賊の実態とその正体】
ソマリア本土から母船(大型グラスファイバー製ボート)で沖合へ。
インド洋の海流に乗るとエンジンを切って洋上をさまよう。
標的の商船を見つけると、航行する小型高速ボートで襲撃。
ソマリア沖ではなく、千キロも離れたインド洋上でも。
洋上生活が長くなると、見つけ次第、どんな船でも襲う。
雨水も魚もなくなれば、漁船でも襲う。
血縁関係の1チーム10人前後で、母船1隻、ボート2隻を持つ。
小型武器のほか、GPSと衛星電話など電子機器類、
食料、飲料水、日用雑貨一式が標準装備(即ち、組織的)。
自動小銃やロケット砲でブリッジを攻撃、
船に乗り込んでハイジャックする。
ソマリア沖まで移動させ、長期に船と人質を拘束。
アジア海賊の武器がナイフや長刀であるのに対し、
アフリカ海賊は内戦で溢れた銃火器を持つ。
身代金は指定した陸地・海上に投下させ、回収。
多額の身代金は欧州で浄化され、ドバイの不動産市場へ?
当初、海賊の正体は海外漁船に漁場を奪われた哀れな漁民と言われたが、
ソマリア沖で台湾・ロシア漁船などの密漁を摘発する
自前の沿岸警備隊(破綻国家故に警察もなく非合法)が、
海外の民間セキュリティー会社(元軍隊)の研修プログラムを通じて、
近代的な操船・警備を学び、結果的に近代的な海賊を生んだ?

somail-pirates.jpg
アデン湾のソマリア海賊(ノルウェー国連ミッションのHPから)

【第3章 国益のための海賊対策】
各国の特に海軍が協力して海賊対策を行う。
ちなみに、ソマリア沖・アデン湾で日本が行っている
海賊対処の活動状況などは、以下で確認できる。
ソマリア沖・アデン湾における海賊対処(防衛省)
商船の最も効果的な自衛措置は、民間武装ガードを乗船させること。
武装以外で、商船に求められる対策・装備の記載を期待していたが、
シタデル(避難所)という言葉以外に具体的なものが見つからず、残念。
最後にソマリア海賊退治(それに代わるビジネス)として、
水産業、流通、天然ガス開発の起業を提案している。

(参考)ソマリア沖の海賊(ウィキペディア)

| | Comments (0)

Aug 02, 2013

サーモスの真空断熱タンブラー


2013-08-02-01.jpg

2013-08-02-02.jpg

今夏、夫婦で大小のマグを使っていますが、
コレ、いいですよ。
とにかく、保冷力がすごい。
ビール飲むのに最適。
氷を入れても結露しないので、コースター要らず。
デザインもシンプルでよし。

サーモスのHP

| | Comments (0)

ローン・レンジャー

loneranger.jpg

公開初日、初回公演を嫁さんと見に行きました。
多額の製作費に対して前評判も低く
ディズニー大赤字?との噂らしいですが、
とても楽しめましたよ。
ジョニー・デップ演じる先住民はまるでジャック・スパロウに、
人のいいマスクマンはウィル・ターナーに見えます。
足に銃を仕込んだ女将や
国境の拡大をひたすら目指す鉄道王や
心臓をえぐりとる無法者など他のキャラも立ってる。
まさに西部劇版パイレーツ・オブ・カリビアンでした。
ウィリアム・テル序曲(原作のテーマソング)が流れてからの
最後の鉄道でのアクションシーンは圧巻で、目が離せなかった。
一方で、鉄道拡張とともにネイティブアメリカンが
理不尽に居住区を追い出されていった状況がよく分かる。
ハイヨー、シルバー。
インディアン、嘘つかない。
キモサベ。

| | Comments (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »