« サルベージ・マイス | Main | ニューバランス、M996紺 »

May 06, 2014

マネーボール

moneyball.jpg

原作は、不公平なゲームに勝つ技術。
ブラピの役はアスレチックスのGM。
貧乏チームが勝つため、選手起用に統計学を用いる。

実在のビル・ジェームズが提唱したのが
「セイバーメトリクス」という手法。
例えば、ヒットを打つ選手と四球を選ぶ選手は同評価。
野球を27個のアウトを取られるまでは
終わらない競技と定義し、
膨大なデータの回帰分析から得点期待値を設定する。
運によって変動する数値は判断基準から排除し、
本人の能力が反映される数値だけを評価する。
出塁率、長打率、選球眼、慎重性を重要視する。
犠打、盗塁、打点、失策は重要視しない。
与死球、奪三振、被本塁打、被長打率を重要視する。
被安打数、防御率、勝利数、球速は重要視しない。

映画としても、とても面白かったのですが、
ビジネスマネジメントの課題図書になる部分も。
仮説を立ててこれまでの価値観を変える。
様々なデータをもとにして、それを証明する。
野球と違って、何を持って数値的に勝利と定義するか、
まず、そこから難しい。
いろいろな事象を数値化するのも大変。
組織を変えようとすると、古株の方と必ずもめる。
その挙句、結果がともなわない場合はもっと大変。
野球のようにもっと見える化ができればいいのに、
と思いながらこの映画を観ました。

|

« サルベージ・マイス | Main | ニューバランス、M996紺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事