« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

Mar 14, 2015

26度目のゴルフ

今年初のゴルフ。職場のコンペ。
空港近くのコース。何度目か。
スタートまでに雨がやんで、曇り空。
昼前に暖かくなってきて、
上着を脱いだとたんに激しい雨が、ヒョウが。

HDCPの2の13番のロングホール。
ドライバーもアイアンもパットもうまくいって、
この日、唯一のパーです。

2015-03-14-01.jpg

2015-03-14-02.jpg

2015-03-14-03.jpg

前半終わって、これまでになくいいスコア!
と思っていたら、
後半は何をどう打ったらいいのか分からなくなるくらい。
結局、あんまりいつもとかわらない結果に。
でも、午前中の感じは忘れずにしたい。

|

Mar 07, 2015

航海の歴史

concuest_of_ocean.jpg

ブライアン・レイヴァリ著、千葉喜久枝訳。
著者はグリニッジの国立海洋博物館名誉学芸員。
値段もはりますが、かなりのボリュームです。
カラーの美しい図画を交えて
探検・海戦・貿易の四千年史を語っています。
バイキングから、コロンブス、蒸気船の登場、
タイタニックに近代海戦、コンテナ船。
個人的には、船たっぷりで、楽しく読みました。
六分儀やテレグラフ、プリムソル標も出てきて。
書棚に並べて、たまに眺めたりするのも良いかも。
(でも、文章自体は正直あまり面白くないかも。)

IMG_1495.JPG

IMG_1496.JPG

カラー図版・写真が満載の《書斎の世界史》― 物語を読むように、海洋史の知識と教養が深まっていく“新感覚の歴史書”。数々の名著・ドキュメンタリー番組を手掛けた海洋史家ブライアン・レイヴァリが、古代から現在に至るまでの人類の航海の歴史を多彩な切り口でひもときます。地図・写真・図版など200点以上のビジュアル資料をフルカラーで収録した、アカデミックでありながら読みやすい物語(ヒストリー)です。

|

Mar 02, 2015

平田オリザ「幕が上がる」

makuga-agaru.jpg

劇作家の著者の初小説、
高校演劇部が舞台の青春小説。
まどかの後に読んだのですが、
部活をやっている彼女にはぴったりのお話。
登場する女子高生たちはみな明るく清々しい。
演出家担当の部長も、とてもポジティブ。
大会の演目は「銀河鉄道の夜」に決まった。
でも、大人の言う高校生らしさって何だ。
ラストシーンをどうしようか、
やっと見つかった答え。
「大人になるということは、
人生の様々な不条理を、
どうにかして受け入れる覚悟をすることです」
久々に瑞々しさを感じる本を読んだ気がする。

|

« February 2015 | Main | April 2015 »