« 39度目のゴルフ | Main | 自炊 »

Jun 04, 2016

東京散歩、両国

20160604_01

東日本橋の駅からスタート。
浅草橋からは派手な色の屋根の屋形船が見えます。

2016060402

両国橋には、花火の玉をモチーフとしたが飾りが。
歌川広重の浮世絵、両国花火もここからの視点だったのかも。

2016060403

左手に両国橋、隅田川をはしる船、その奥には柳橋が見えます。

2016060404

回向院。
鼠小僧のお墓があったり、海難の方を供養していたり。
いろんな動物の供養塔も。
江戸時代には、ここで相撲が行われていたそうです。

2016060405

今回の散歩の目的、江戸東京博物館。

2016060406

2016060407

2016060408

江戸の町屋の風景を再現したジオラマ。

2016060409

浮世絵の製作工程が再現されています。
とても分かりやすい。

2016060410

江戸時代の水道。
当時の井戸や木簡(水道管)を見ることができました。
このあたり、もう少し勉強したい。

2016060411

2016060412

江戸時代の両国橋の風景もジオラマに。

2016060413

江戸時代だけでもお腹一杯なのに、東京時代エリアもあります。
明治時代の銀座のジオラマ。

この博物館は、見て、触って、学んで、しっかり楽しめます。
かるく数時間が過ぎました。

2016060414

明治時代創業のお店でたい焼きを買って、横網町公園へ。

2016060415

ここは、関東大震災や東京大空襲の納骨堂や慰霊堂があります。
資料が展示された復興記念館も見ました。

江戸東京博物館でも、震災と戦争からの復興が展示されていた。
回向院は、明暦の大火の犠牲者を弔う寺。
両国橋も、その火事で逃げられなかった反省を活かして作られた。

2016060416

旧安田庭園。もとは大名家の下屋敷。

2016060417

国技館。
断髪式が行われていて、相撲博物館には入れず。

2016060418

最後は、そばを食べて帰る。江戸だねぇ。

|

« 39度目のゴルフ | Main | 自炊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事