« 54度目のゴルフ | Main | 大阪散歩、天神橋筋商店街 »

Sep 09, 2018

山本昌作「ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所」

会社の研修の課題図書のひとつ。
研修を受ける中堅が読んでいるので私も。

Asobutekkousyo

ディズニー、NASAが認めた遊ぶ鉄工所、初の書籍!油まみれの鉄工所からピンクのきれいな本社に大変身!入社半年で一人前になる「モチベーションが上がる5%理論」で社員が変わり始めた。若い社員をどう採用し、やる気に火をつけ、面白いことをやり続けられるか。ティール組織の次はここ!とことん面白い会社、初公開!

HPを見るだけでも面白そうな会社。
ヒルトップ

京都の鉄工所だが、新しい考えなのが、24時間無人加工。
切削職人でなくプログラマー。
その職場は、町工場でなく、まるで東京のIT企業のよう。

学ぶことができると感じた点。

すべては定量化できる(獺祭とも通じる考え)
量産、ルーティン、職人はやらない
利益より人の成長
ロングテール戦略
生産性が落ちてもジョブローテーション

小さい会社は、大量・効率よりも
ニッチを狙って、モチベーションを持って、ということか。
でも、変えるというのは難しい。
それも、トップの決意次第か。
とにかく、
働いている人自身が好きと言える会社がいいよね。

|

« 54度目のゴルフ | Main | 大阪散歩、天神橋筋商店街 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事