« April 2022 | Main | September 2022 »

August 2022

Aug 13, 2022

岡田晴彦「陸に上がった日立造船」

前半は造船としての歴史。

後半は造船売却後の環境ビジネスを中心に生まれ変わった歴史。

しなやかな企業経営とはこういうことだろう。

今後はどの会社も脱炭素でオセロゲームを生き残っていかなければならない。

4b23440e0b2f433bab6ba8dd244fe3c6

|

Aug 11, 2022

76回目のゴルフ

出向先のコンペ、2回目。

憧れのOゴルフクラブ。

出向元の会社の方にも声かけて、

メーカさんも参加して。

とてもきれいなコース。

広くて簡単そうでも、バンカーに捕まる。

グリーンも難しい。

なんとか腰痛を治して臨むも、

ドライバーは踏ん張れずに左に流れる。

新入社員のキャディさん、これからも頑張れ。

ハンデを活かして上位入賞、焼肉ゲット。

しかし、暑かった。


1859536416ad4c64863749a17224ba86

D290055d4dba4da38283048a9207abc7

D94109c5145441cda6e1832d825a02fc

2832ff241f6c415a96dc2f18673bc9b5

9eb1fda3abc042e1b17c1986aa78011b

5c484a21aa9047f687a6ed76fbd21e85

1986d93ec8834547afff3ebdc79e0c1f

658fcfd55bde4cb89f46c7094d739127

|

Aug 07, 2022

井熊均、王婷、木通秀樹、瀧口信一郎「脱炭素で変わる世界経済 ゼロカーボノミクス」

7990efe0f3b345b48fd5432add9f81ae

温暖化の犯人がCO2かどうかは別として、近い将来、カーボンニュートラルは必須となるだろう。

活動に伴うCO2排出と回収を同じ量にしなければならない。

本当にそんなことができるのか、と思う。

すでに世界は太陽光と風力で勝負を仕掛けている。

自然エネルギーには電力調整が必要となるが、そのための広大なグリッドとデジタル化が日本にはない。

日本は、これから水素エネルギーやCCSを開発しなければならない。

脱炭素次第で、簡単に世界のパワーバランスが変わるだろう。

本気で世界を取りに行っている中国と、トヨタだけが焦っている日本との差が明確に分かった。

電力や自動車だけでなく、全ての業界が逃げられない。

今、日本や日本の会社に必要なのはビジョンや戦略だと思う。

|

« April 2022 | Main | September 2022 »