ニュース

Jun 11, 2011

村上春樹、カタルーニャ国際賞スピーチ

村上春樹さんがカタルーニャ国際賞の授賞式で行ったスピーチ。
日本語で喋るところを、実はあまり見たことがないような気がします。
集合的責任の取り方、ですか。
難しい問題です。
結果論と言われようとも、
今があらためて真剣に考える時であることは確かだと思います。

日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった。技術力を結集し、持てる英知を結集し、社会資本を注ぎ込み、原発に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだった。それが、広島、長崎の犠牲者に対する、集合的責任の取り方となったはずだ。

村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(毎日新聞)

国内を見ていると、
今後のエネルギー政策はどこに向かうのか、
まったくもってよく分かりません。
でも、海外に目を向けると、
欧州船主が代替エネルギー需要を見込んで
韓国造船所にLNG船をどんどん発注しています。
そのサイズを見ると、
どこの国を対象としているのか分かります。
中の人より外の人のほうが先を見通している感じ。

| | Comments (0)

Mar 19, 2011

Amid Shortages, a Surplus of Hope

ニューヨーク・タイムズに掲載された村上龍の寄稿文。

危機的状況の中の希望

Ten years ago I wrote a novel in which a middle-school student, delivering a speech before Parliament, says: “This country has everything. You can find whatever you want here. The only thing you can’t find is hope.”


One might say the opposite today: evacuation centers are facing serious shortages of food, water and medicine; there are shortages of goods and power in the Tokyo area as well. Our way of life is threatened, and the government and utility companies have not responded adequately.

But for all we’ve lost, hope is in fact one thing we Japanese have regained. The great earthquake and tsunami have robbed us of many lives and resources. But we who were so intoxicated with our own prosperity have once again planted the seed of hope. So I choose to believe.

| | Comments (0)

Aug 10, 2009

ソーラー船で世界一周へ

Planetsolar

スイス人チームが「planetsolar」と名付けられた
ソーラー船で世界一周を目指すそうです。
全長30m、時速26km。
現在建造中で2010年完成、翌年世界へ。
曇空でも3日間運行可能。
フランス気象庁から情報を入手、航路調整。
ありそうでなかった試みで大変興味深いです。
無事成功を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 06, 2009

平和宣言

原爆投下から64年を迎えた今日の平和記念式典にて。
秋葉広島市長の平和宣言を聞いて、以下2点に感心。
・核兵器廃絶へ向けた具体的なロードマップを示す。
・最後に全世界へ向けて英語でメッセージを述べる。
広島市長が支持するのは、我が国の首相ではなく、
原爆を投下した唯一の国、米国の大統領と言う現実。
平和宣言に続く、内閣総理大臣のあいさつが寂しい。

2008Aug10-01

秋葉市長は、被爆者が勝訴を重ねた原爆症認定集団訴訟を念頭に「被爆体験の重みは法的にも支えられている」と強調。高齢化した被爆者の実態に即した援護策充実を政府に要望した。「核兵器のない世界」への実現努力を表明し、国際潮流を一変させたオバマ米大統領に言及。「私たちには大統領を支持し、核兵器廃絶のために活動する責任がある」との考えを示した。廃絶を願う多数派市民を「オバマジョリティー」と呼んで力の結集を呼び掛け、2020年までの核兵器廃絶を「Yes we can」(絶対にできます)と締めくくった。
被爆64年式典、核兵器廃絶へ力結集(中国新聞)
We have the power. We have the responsibility. And we are the Obamajority. Together, we can abolish nuclear weapons. Yes, we can.
秋葉・広島市長の平和宣言(全文)(YOMIURI ONLINE)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2009

NYK スーパーエコシップ2030

Nykecoship

現在、日本でも京都議定書以降の
CO2排出量削減目標について議論されていますが、
船舶の場合は国籍によることは難しいので
これとは別に国際海事機構で目標値を定めようとしています。

そのような中で業界トップの日本郵船は
コンテナ船で2030年までにCO2排出量約70%削減を掲げています!
この会社のプレゼンを聞いたことがあるのですが
社内でも色々な取り組みを行っていて
ただのコマーシャルではなく、その真剣さが伝わってきます。
おそらく、考えられる全ての技術、努力を行っても
ギリギリの数値だと思います。
この値を公言してしまう会社の態度が凄いです。
でも、これを造れと要求される造船所はたまらないだろうなあ。

初公開!未来の船「NYK スーパーエコシップ2030」

船体重量の軽量化や摩擦抵抗の削減により必要とされる推進力を低減、LNGをエネルギー源とする燃料電池や太陽光発電、風力から推進力を獲得することにより、1コンテナ当たりのCO2排出量を現在と比較して69%削減することが可能(日本郵船)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 28, 2007

船舶の衝突事故と油流出

コンテナ船と貨物船が衝突(アサヒコム)

コンテナ船の機関室に浸水し、午前8時現在、油が幅500メートル、長さ1キロにわたって流れ出している。(中略)2隻はコンテナ船の後部に貨物船の船首が刺さった状態で利島と大島の間の海域を漂流

Ships Coll

航行不可能だそうですが、けが人は無いようです。
今回の事故ではコンテナ船の機関室内の油が一部流出。

MARPOL 73/78(マルポール条約)によって
大型タンカーは二重構造(外側は水タンク)となり
荷物としての原油の流失を防ぐことが出来ていますが、
タンカーを含む全ての船種の燃料油の保護はこれからの問題。
今後建造される船では、衝突・座礁等の海難事故の際、
船舶からの燃料油の流出を防止するため
燃料タンクの配置が規定されました。

環境保護のため規則が強化されるのは必然の流れと思われますが、
今回の事故も含めて、運行上の問題は無いのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 18, 2007

中越沖地震の原発事故に思う

先日の新潟中越沖地震では、原子力発電所から
僅かだが放射能を含む水が放出された。
当初報告された量よりも実はもっと多かったらしい。
その量よりも訂正の理由が数値の読み間違いというのが怖い。
担当者及び責任者はその程度の認識なのか。
地震発生時も原発の火災映像は早期だったが
放射能漏れが報道されたのはずっと後だ。
その間は放置されたままだった。
そもそも地震で原発から放射能が漏れていいのか。
予想以上の地震規模だったと言うが、
原子炉が壊れた訳ではないと言うが、
本当にそれで良いのだろうか。
原子力発電は核分裂によりエネルギーを得る方法。
極めて不安定な上に成り立っている。
我々自身を含めてもっと危機感を持つべきではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2007

英くじら潜水艦

Astute Submarine

Alien submarine breaks technical barriers (BBC NEWS)

英国のアスチュート級原子力潜水艦が公開されています。
来年(再来年?)から就航するとの事。
この潜水艦の凄いところは、燃料が要らず
空気や水までも艦内で作ってしまうところ。
浮上せずに地球一周できてしまう(そんなの乗りたくないけど)。
兵器としてはよくわからないのですが、
潜水艦の建造風景が公開されているのは珍しいのでは。
BBCのページでは内部の動画や造船所の画像あり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 24, 2005

女性天皇と女系天皇

只今、議論を呼んでいる皇室典範の話。
でも少しややこしい。

有識者会議、女性天皇容認の報告書・愛子さま継承順位2位に(日経新聞)

みんなも女性天皇には賛成なんだけど、
「女系天皇」には意見が分かれるところです。
というのは、これまで「男系天皇」が続いてきたのに
先の会議で「女系天皇」を認める報告案が出されたのです。
女性が天皇になって、さらに
その子が天皇の血を引くことを「女系天皇」と言います。
これまで推古天皇など女性天皇はいるものの、
その子が天皇になってはおらず、
2600年もの間、続いてきた男系を変えるのか。
血のリレーが絶えるという点で反対の人もいるでしょう。
男系、女系どちらがどうと言う訳でなく
続いていたものが途絶えることには抵抗があるという意味で。
今回の報告は安定した継承の為ということですが、
違う見方をすると宮家をぐんと増やすことになり公費も増える?
GHQによる宮家解体のときに民間人になった旧宮家の方も
いざという時の為に、と思いながら暮らしていることでしょう。
男女平等といいますが、これは権利の問題でなく
生まれながらの義務に近いような気もします。
「女系天皇」についてはまだまだ色々議論がありそうです。
第一、こんなの天皇家の人や国民じゃなくて
少数の有識者と言われる人が決めることなの?
今、結論を急ぐ必要性も無いと思うし。
これも世間と同じ少子化問題の一端とも言えるのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2005

構造計算偽造に思う

マンション耐震強度偽造(アサヒコム)

偽造した構造計算書が使われたとされるニュースで、
ホテルが営業停止、マンション住民の怒り爆発と
大変なことになりつつあります。
対象とする構造物の違いはあれど
同じ構造設計者としては考えさせられる問題です。
船の場合は、その性格上、規則は国際的であり、
その承認機関も大変厳しいものです。
また買う側の方も規則に通じており事細かなチェックが入ります。
それと同時に長年に渡って築かれた三者の信頼関係があります。
しかし、この問題となった建築士が言うように
短納期やコスト削減といったことは我が業界も例外でなく、
いいものを造りたいという気持ちとぶつかることもしばしば。
大金を払って買ってくれる人の気持ちを裏切らないことが
もの作りをする上での最低限の姿勢なのでは。
建築基準法に基づく仕事もしたことがありますが、
やっぱりそのレベルや承認機関ももっと向上すべきと思います。
まずは建築確認の強化をはかっていただきたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)